企業による人手不足への対応、トップは「賃金水準の引き上げ」

2019年9月15日 15:50

小

中

大

印刷

 帝国データバンクは12日、人手不足の解消に関する企業の見解について8月に実施した調査の結果を発表した。企業の過半数が人手不足を感じている中、各社が取り組んでいる解消法としては、賃金水準の引き上げ、社内コミュニケーションの活性化、残業時間の削減等が並んだ。

【こちらも】深刻化する人手不足問題は副業解禁で緩和されるか

 また少子高齢化が続く中で、シニアや女性を積極的に活用したいとの意見が多数あったものの、外国人や障がい者の活用に意欲的な企業は相対的に少なかった。社会全体が取り組むべきこととしては、ハローワークなど職業紹介機能や働き方改革、および社会保障制度の充実などを求める意見が多かった。

 有効求人倍率が高い数値で推移すると同時に、完全失業率が低く抑えられているように、国内では人手不足が広がっている。少子高齢化の影響から人手不足は今後長期に渡り続くものと予想され、企業においては人手不足への対応が健全な営業活動の継続に不可欠となっている。そこで帝国データバンクは、人手不足の解消に関する企業の見解について、全国2万3,638社を対象に調査を実施した。

 各社が実際に取り組んでいる人手不足への対応として上位に並んだのは、「賃金水準の引き上げ」、「社内コミュニケーションの活性化」、「残業時間の削減」、「業務プロセスの改善や工夫」。特に中小企業において「賃金水準の引き上げ」と答えた割合が高く、限られた人材の獲得に対する努力が見て取れた。一方、大企業においては「残業時間の削減」といった労働環境の改善に係る取り組みを答えた割合が高かった。

 人材の活用に関する質問に対しては、シニアや女性を積極的に活用したいとした企業の割合はそれぞれ29.2%、27.9%と高かった。一方で、外国人や障がい者についてはそれぞれ13.7%、1.1%と相対的に低い割合となった。外国人については、在留に係る法規制によって長期雇用が難しいとの点や、受け入れに係る準備が追いつかないとの点が課題としてあがった。

 人手不足の解消に向け社会全体で取り組むべきこととしては、「職業紹介機能の強化」、「働き方改革の推進」、「社会保障制度の見直し」、「労働市場の流動化」が上位に並んだ。(記事:dailyst・記事一覧を見る

関連キーワード有効求人倍率帝国データバンク社会保障働き方改革中小企業残業失業率

広告

写真で見るニュース

  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース