帝国データバンクのニュース

アニメ市場、2年連続で縮小 アニメ制作会社の赤字割合も4割近くに

帝国データバンクが12日に「アニメ制作業界」動向調査(2022)を公開した。
08/19 07:59

アニメ製作業の赤字増大、下請けスタジオで顕著 大手と中小の格差拡大へ

2020年に爆発的ヒットとなった「鬼滅の刃」を追い風に、21年のアニメ市場も大型タイトルのヒットが続き好調だったようだ。
08/18 09:48

秋から食品値上げラッシュ、値上げ率14% 2万品目に

この春から食品メーカー各社の値上げ発表が続いている。
08/13 17:13

東大発バイオベンチャーのテラ社が破産

東証スタンダードに上場している東大発バイオベンチャーの「テラ」が破産したそうだ。
08/10 17:00

日本企業、「脱ロシア」の動きがストップ 再参入のハードルの高さが背景か

ロシア軍によるウクライナ侵攻が続いている。
07/31 20:24

日本企業、中国進出にブレーキ コロナで中国集中から分散へ

3月下旬、上海市で約2カ月のロックダウンとなり、現在は解除され徐々に正常化されているとはいうものの、中国のゼロコロナ政策による突然の強行策は世界のサプライチェーンを混乱させ、日本企業にも大きな悪影響を与えた。
07/28 07:57

中国進出の日本企業、過去10年で最も少ない1万2000社に

帝国データバンクの動向調査によると、中国から日本企業の撤退が続いているようだ。
07/26 16:23

Sansan、連結売上高は前年比26.2%増 今期以降は堅調な売上高成長と安定的な利益成長の両立を目指す

橋本宗之氏(以下、橋本):本日は、当社の決算説明会にご参加いただきまして、ありがとうございます。
07/19 16:21

再々値上げの「値上げラッシュ」秋から本格化 食品値上げ率15%超

急激な円安の動きは、6月に入り落ち着きを見せ、135円近傍を緩やかに上昇傾向で推移している。
07/06 07:46

電力価格高騰で「電力難民」企業1万件超 新電力「逆ザヤ」で1割超が「契約停止・撤退」

電気料金が高騰し、新電力(電気小売事業者)の撤退や倒産で電力会社と契約ができない「電力難民企業」が増加しているようだ。
06/21 07:42

相場展望6月13日 米国:欧州金利上昇の余波・インフレ再燃で株下落 黒田日銀総裁で大丈夫か? 日本株支えは自社株買

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)6/09、NYダウ▲638ドル安、32,272ドル(日経新聞) ・欧州中央銀行(ECB)が6/9、7月に量的緩和を終了すると決め、+0.25%の利上げに踏み切る方針を示し、9月にも追加利上げの可能性を示唆し、金融政策の正常化による欧州景気の減速が世界景気を下押しするとの警戒が強まった。
06/13 11:21

国内食品主要105社、年内の値上げは1万点突破へ

帝国データバンクによると、国内の食品主要105社が年内に実施もしくは予定している値上げが、1日段階で1万品目を突破したとの調査結果を発表した。
06/03 08:30

民間設備投資、デジタル投資活発も、原価高騰・円安で足踏み コロナ前に戻らず

コロナ禍も落ち着きを見せ、世界的に経済が動き出している。
05/25 17:02

外食も値上げラッシュ、平均77円アップ 円安・食材高騰、原価率急騰で

コロナ禍で大打撃を受けた外食産業であるが、今度は円安による原価率急騰で苦しめられているようだ。
05/11 17:14

値上げ企業6割超 ウクライナ侵攻でさらに高騰 6社に1社は価格転嫁できず

当初より予想されていたように、コロナ禍での行動制限からの経済活動正常化の過程で世界同時の資源需要の急増が生じ、原油・エネルギー・穀物などを中心に原材料価格の高騰が起こっている。
04/17 12:54

ロシア制裁、影響は1万5千社超 供給網、既に一部で混乱 木材や水産品など

ロシアのウクライナ侵攻後、日本政府は西側諸国と歩調を合わせ直ちにSWIFT制裁への参加を表明し、その後も次々と追加的な制裁を発表している。
04/12 07:58

新電力の倒産、2021年度は過去最多の14件 帝国データバンク

帝国データバンクの記事によると、過去1年ほどで新電力会社の倒産が相次いでいるという。
04/04 16:38

コロナ支援効果に陰り コロナ関連倒産加速、倒産抑制に底打ち感

2018年後半からの景気後退局面で倒産件数は増加傾向で推移してきたが、20年からの新型コロナ感染症の流行に伴う対策の一環として資金繰り等の各種支援策が実施され、倒産は減少傾向で推移、昨年21年は件数および負債総額ともに歴史的低水準を記録した。
03/30 06:40

ウクライナ侵攻後、サイバー攻撃急増 3割の企業「攻撃を受けた」

ロシア軍によるウクライナ侵攻後の2月28日にトヨタの取引先企業がサイバー攻撃を受け、3月1日にトヨタは国内にある全工場の稼働停止を余儀なくされた。
03/21 11:25

ロシア進出の日本企業、2割が事業停止 投資家の目は厳しく

ロシア軍によるウクライナ攻撃が続いており、日米欧をはじめ世界各国がロシアに対する強い各種制裁を実施している。
03/20 17:35

自動車部品メーカー、「EV対応」企業1割未満 研究開発の負担重く

コロナ禍で世界の自動車市場は大幅に落ち込んだ。
03/16 08:46

ウクライナ情勢、「マイナス影響」企業の6割 運輸・倉庫では8割

2月24日、ロシア軍が突如ウクライナに侵攻し、ウクライナ側の激しい抵抗が続いている。
03/08 09:01

景気動向、見通し 大幅下振れ オミクロンとウクライナ情勢で

昨年秋からの新型コロナ感染者数の収束で、飲食業や宿泊業など個人向けサービスを含む経済活動は徐々に再開し、景況は大幅な改善傾向で推移してきた。
03/08 09:01

飲酒代はコロナ前の8割減 1月コロナショックでサービス消費が急減

昨年8月下旬からの新型コロナ感染者の急減によって、飲食・小売・宿泊など個人向けサービス消費も徐々に再稼働し始め、個人消費も回復傾向で推移し、10~12月期GDP速報の個人消費は前期比2.7%増となった。
02/23 16:47

 1 2 3 4 5 6  次へ進む