1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > ライフ
  4.  > しごと
  5.  > 残業(1)

残業のニュース一覧

パーソル総合研究所が「中間管理職の就業負担に関する定量調査」の結果を発表。働き方改革が進んでいる企業で中間管理職の業務量増加、62.1%。業務上の課題、管理職と人事の認識に食い違い。

現在多くの職場で働き方改革が取り組まれている。 10/15 18:14

今年7月、兵庫県姫路市が夏期の本庁舎の冷房温度設定を25℃にする方針を示したが(過去記事)、これによって職員の85%が業務効率が向上したと答え、残業時間は14.3%減少したという。 10/11 09:30

Insight Techが「働き方改革」をテーマについてアンケート。関心の高いテーマは「有給義務化」25%が最多。「多様な働き方ができる社会」という改革理念の実現は「可能」12%、「不可能」53%。

長時間労働の是正に端を発する働き方改革は既に多くの職場で取り組みがなされている。 10/10 09:13

厚労省が昨年度の過労死等の労災補償状況を公表。脳・心臓疾患では支給は238件で前年比15件減、死亡件数10件減。精神障害では支給465件で41件減、自殺22件減。「嫌がらせ、いじめ等」69件が最多。

政府主導の働き方改革への企業の積極的な取り組みの成果もあり、労働時間は減少傾向で推移している。 09/22 21:43

会社員の副業が盛んに行われている今、アイデア次第で様々な副業にチャレンジできる環境ができつつある。 09/15 18:24

帝国データバンクは12日、人手不足の解消に関する企業の見解について8月に実施した調査の結果を発表した。 09/15 15:50

小笠原 隆夫

「時短ハラスメント」は略して「ジタハラ」といわれ、働く人の労働時間を無理に短縮するなどの嫌がらせを指しています。 09/09 17:36

BIGLOBEが「働き方に関する意識調査2019」を実施。「長時間労働をしている」は39.9%で微減。長時間の理由は「仕事量と人員のミスマッチ」5割強。長時間労働をなくす「工夫なし」4割で最多。

現在、各職場で働き方改革が推進されている。 09/03 12:19

外国人が企業などでの実習を通して技術を習得し、帰国後に自国の経済発展を担える人材になるよう育成する「外国人技能実習制度」だが、厚生労働省が2018年に実習実施者7334事業所を監督指導した結果、70.4%で労働基準関係法令違反行為が見つかった。 08/09 08:17

小笠原 隆夫

ある新聞記事に、郵便局の配達現場で「時短ハラスメント」が横行しているという話がありました。 08/05 16:02

大阪府の財務部職員が、2009年4月から18年7月にかけて計2318回勤務時間中に職場を離れ喫煙したかどで今年1月、職務専念業務違反により「訓戒処分」となった。 07/10 11:21

やや旧聞になるが、OECDが教育に関するレポートTALIS 2018を6月20日に公開した。 07/09 12:35

働き方改革で、「収入が減った」人が「増えた」人の2.6倍に(画像:イトーキの発表資料より)

働き方改革で職場は働きやすくなったが、業務量は増え、収入は減少―。 06/25 18:03

OKWAVE総研「社内業務」に関する調査を実施。「調べもの」に費やす時間は1日平均1.6時間。サッポロ・グループでは、AIチャットボット等を活用し暗黙知を形式知として共有、業務効率化を実現。

4月に働き方改革関連法が施行された。 06/11 09:15

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

写真で見るニュース

  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告