1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 経済
  4.  > 有効求人倍率(1)

有効求人倍率のニュース一覧

健康機器大手のタニタの谷田千里社長は、今年6月に「タニタの働き方革命」を出版した。 11/22 13:26

富士経済がスマート工場を構築するシステム・製品の世界市場の調査。2025年のモノづくり向けAIシステム市場は3080億円、18年比5.6倍。スマート工場関連市場は6兆9は543億円で3.0倍にと予測。

日本は深刻な人手不足の状態にある。 11/19 09:19

積水ハウスはベトナムに住宅メーカー初となる技能訓練施設を開設する

日本の建設業界は今、深刻な人材不足に陥っている。 11/03 21:11

イオン、2Qは増収増益 多様な事業展開が奏功して営業益・経常益ともに過去最高を更新

三宅香氏:本日は、イオン株式会社2019年度第2四半期決算発表説明会にご参加いただきまして、誠にありがとうございます。 10/24 09:44

帝国データバンクは12日、人手不足の解消に関する企業の見解について8月に実施した調査の結果を発表した。 09/15 15:50

ヒューマンタッチ総研の発表によると、2019年上半期は建設業界の人材不足が悪化しており、新規求人倍率も上昇していることから下半期以降も人手不足が拡大する傾向がみられることが分かった。 08/30 18:39

帝国データバンクは22日、7月に行った人手不足に対する企業の動向調査の結果を発表、正社員の不足感を持つ企業の割合は48.5%と、前年同月より2.4ポイント減少した。 08/25 18:49

厚労省によると、2018年度の(ハローワーク累計)薬剤師の有効求人倍率は、5.00倍に達したという。 08/19 09:57

エン・ジャパンが「外国人採用」に関するアンケートを実施。販売・接客等を中心に6割の企業が採用に前向き。採用しない理由は「研修等の未整備」「日本語能力の懸念」「行政手続きの煩雑さ」。

6月現在の有効求人倍率は1.61倍で高い水準を維持しており人手不足が払拭される兆しは見られない。 08/16 15:48

東京商工リサーチが2019年上半期上場企業「早期・希望退職」実施状況を調査。19年上半期に希望・早期退職者を募集した上場企業は17社、人員は既に昨年の2倍を上回る。業種別では電気機器が5社でトップ。

有効求人倍率の最新のデータ5月分は1.62倍で高い水準を維持し続けており、日本産業の人手不足は極めて深刻な状況にある。 07/31 15:03

東京商工リサーチが2019年度「賃上げに関するアンケート」結果を発表。8割の企業が賃上げを実施、昨年度より1.3pt減少。初任給の増額は大企業が25.4%、中小企業が15.6%。増額理由は離職防止。

直近5月の有効求人倍率は1.62倍で深刻な人手不足の状況が続いている。 07/11 08:26

人手不足関連倒産の推移(図:東京商工リサーチの発表資料より)

高度経済成長期並みの有効求人倍率が続くなど人手不足が指摘される中、「人手不足」や「人材難」を理由とする倒産が2019年に過去最多となる恐れがあると、民間の信用調査会社、東京商工リサーチが8日発表した。 07/08 20:20

富士経済が製造業向けロボットの世界市場を調査。2018年の製造業向けロボット市場は米中貿易摩擦の影響から減速も拡大傾向を維持。世界的な人手不足と人件費高騰を背景に長期持続的な成長を予測。

日本では労働力人口の急速な減少が生じており、既に有効求人倍率が1.6倍を超える状況が持続するなど深刻な人手不足の状況にある。 07/08 07:18

経済産業省は、1~3月期の地域経済産業調査の景況判断について、18年10~12月期の「緩やかに改善している」から「一部に弱い動きがみられるものの、緩やかに改善している」へと下方修正した。 04/26 16:05

 1 2 3 4 5  次へ進む

広告

広告