超新星のニュース(ページ 3)一覧

Hubi 1の画像(写真: アンダルシア天体物理学研究所, Instituto de Astrofísica de Andalucía の発表資料より)

太陽のような恒星が崩壊したのちの最終形態として、惑星状星雲が知られている。 08/12 21:58

「フェルミ・バブルと巨大ループ構造、太陽系の位置関係」(画像: 早稲田大学の発表資料より)

天の川銀河の中心からは、巨大ガンマ線バブル(フェルミ・バブル)が噴出しているが、これは1,000万年前に大爆発があった証だということが、早稲田大学らの研究により突き止められた。 08/07 21:58

1604年にヨハネス・ケプラーが観測した超新星爆発「SN1604」は、2つの恒星残渣(白色矮星)の合併によって引き起こされたと報告された。 08/05 09:56

画像はイメージです。

5月6日、米国のサイエンス誌に、宇宙膨張を加速させる暗黒エネルギーを解明する鍵は、「超新星による生命絶滅ではないか」という新説が掲載された。 07/27 21:36

天の川銀河から高温プラズマが噴き出し、銀河全体を包み込んでいる様子の想像図。(画像:理化学研究所発表資料より)

理化学研究所(理研)は、天の川銀河を包む高温プラズマの起源が、超新星爆発によって銀河円盤部から吹き出したものであるという事実を解明した。 07/23 21:54

ニュートリノから特定された放射源となる天体「ブレーザー」とその周辺画像(写真:広島大学発表資料より)

宇宙から飛来するニュートリノとガンマ線の検出により、ニュートリノの放射源となる天体を突き止めることに成功したと、千葉大などの研究グループが13日に発表した。 07/14 21:45

宇宙人から来たメッセージにより、人類のコンピューターがハッキングされてしまうかもしれない。 03/02 23:12

ペルセウス座銀河団の可視、X線合成画像と、ASTRO-Hにより得られたペルセウス座銀河団中心部のX線スペクトル。青は観測領域、黄色は ASTRO-H以前に得られていたX線スペクトル。クレジット:JAXA/Ken Crawford (Rancho Del Sol Observatory)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)などによる観測によって、ペルセウス座銀河団中心部の鉄属元素の組成比が、太陽のそれと同じであることが明らかになったという。 11/16 11:54

GW170817が起こしたキロノバの想像図。(画像:国立天文台発表資料より)

中性子星同士が衝突し合体して大爆発を起こす現象「キロノバ」が、天文学の歴史上初めて観測された。 10/18 20:17

紫外線を照射した水-メタノール-アンモニア混合非晶質氷に発生する水素の泡(液体状態からの発泡)。(画像:北海道大学発表資料より)

分子雲と呼ばれる宇宙の星々の間を漂うガスの雲の中に存在する氷を模した、水・メタノール・アンモニアの混合氷が、氷点下210度~120度の環境下で、想定されていたような個体状態をとらず液体のように振る舞うということを、北海道大学などの研究グループが発見した。 10/11 06:22

白色矮星に降り積もったヘリウムが星の表面で爆発し、白色矮星の中心の核融合反応に点火した模様を表す想像図。(画像:東京大学の発表資料より)

東京大学、京都大学が参加する共同研究グループは、すばる望遠鏡を用いて、超新星爆発からわずかに数日以内のIa型超新星を観測することに成功した。 10/10 06:01

質量の大きい恒星は、最後に「超新星(supernova)」と呼ばれる爆発を起こし、場合によっては中性子星やブラックホールになると考えられていた。 06/01 08:25

今日の技術では太陽系外惑星の表面を観測することなど夢物語であるが、太陽を「重力レンズ」として用いることで、全長数百天文単位にも上る超巨大な望遠鏡を作り出し観測するという途方もない案が考えられているようである。 05/18 09:29

東京大学のロバート・クインビー特任研究員らの研究チームが発見した銀河による増光のメカニズムの模式図。超新星と地球との間にある銀河による重力が、巨大なガラスレンズの様に光を集めたと考えられる。(Kavli IPMU)

東京大学のロバート・クインビー特任研究員らの研究チームは、超新星「PS1-10afx」が通常より明るい原因は重力レンズにあったことを明らかにした。 04/26 19:53

前へ戻る   1 2 3 4  次へ進む

広告

広告

写真で見るニュース

  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告