1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 宇宙技術・天体(1)

宇宙技術・天体のニュース一覧

rss

米宇宙開発企業SpaceXが1月19日、有人での運用を目指すCrew Dragon宇宙船の空中脱出システムの試験を行った。 01/20 19:42

2017年4月29日に関西地方を中心に目撃された火球の経路 (c) NAOJ / Kasuga et al.

国立天文台は15日、2017年に関西地方などで目撃された巨大流れ星が、小惑星の分裂時に発生したものであることが判明したと発表した。 01/16 16:54

1月13日にイギリスのNature Astronomy誌に公表された論文で、欧州宇宙機関ESAの研究者が、チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の核の表面に脂肪酸有機化合物を見出したことが明らかにされた。 01/15 13:55

超新星爆発のイメージ。

冬の星座として有名なオリオン座には、超新星爆発がいつ起きてもおかしくないと考えられている赤色巨星ベテルギウスがある。 01/14 16:20

NASAの系外惑星探索衛星TESSがミッション開始以来初めてハビタブルゾーン内に位置する地球サイズの系外惑星を発見したそうだ(NASAのニュース記事、 GeekWireの記事、 Mashableの記事、 SlashGearの記事)。 01/13 06:33

中性子星の合体により生成された元素が吸収線を生み出す様子を示した図 (c) 国立天文台、東京大学

東京大学は9日、宇宙空間上での重元素の生成史を明らかにする、赤外線スペクトル情報の収集に成功したと発表した。 01/11 08:08

リュウグウにタッチダウンするはやぶさ2のイメージ。(c) 池下章裕

JAXAが小惑星リュウグウに送り込んだはやぶさ2が、今年12月に地球に帰還する予定だ。 01/10 17:09

「ダークエネルギー」と呼ばれる仮想上のエネルギーは現代宇宙論において欠かせない存在だ。 01/10 13:34

1月7日未明にイギリスのニュースサイトで衝撃的な報道がなされた。 01/08 13:55

金星上にそびえる活火山と思われる存在を赤外線で撮像 (c) NASA

米大学宇宙研究協会(USRA)は3日、数年前に流れ出た溶岩と思われる存在を金星から発見したと発表した。 01/07 19:00

地球からはるか彼方遠方の宇宙に輝くブレーザーの放出エネルギー変動に関する論文が、アメリカのハーバード・スミソニアン天体物理学センターによってイギリス王立天文学会の月報で公開された。 01/04 19:02

しぶんぎ座流星群と放射点 (c) 国立天文台 天文情報センター

三大流星群の一つであるしぶんぎ座流星群が、1月4日に出現数のピークを迎える。 01/03 15:44

NASAのクリスティーナ・コック宇宙飛行士が日本時間12月29日、女性の宇宙飛行(1回の)最長記録を更新した。 01/02 23:39

アルマ望遠鏡によって観測された星形成銀河「MAMBO-9」の電波画像。2つの部分で構成される銀河は、合体の途上にあるという。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), C.M. Casey et al.; NRAO/AUI/NSF, B. Saxton

テキサス大学オースティン校などの研究チームは、アルマ望遠鏡を用いて、ビッグバンからわずか9億7000万年後の巨大銀河を観測した。 12/31 15:04

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告