喫煙のニュース(ページ 2)

JT、「かぎたばこ」を新発売 受動喫煙への対策か

JTは3日、火を使わず灰も煙も出ない「ゼロスタイル・スヌース・バニラ」「ゼロスタイル・スヌース・クールミント」を10月上旬より、全国の一部販売店にて新発売すると発表した。
09/04 17:16

喫煙率17.9% 男性で20万人、女性で17万人の減少 JT調査

東京オリンピックに向けて公共空間での禁煙の動きが加速している。
08/09 11:30

ネクタイによって血流が悪くなる? ドイツの研究

●ネクタイの結び目と健康に関する研究 シュレースヴィヒ=ホルシュタイン大学付属病院は、ネクタイの結び目と健康状態に関する研究を医学雑誌『Neuroradiology』に発表した。
07/16 16:09

受動喫煙対策法案が可決 世界の基準は?

7月12日、受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案が参院厚生労働委員会で可決され、今国会で成立する見通し。
07/15 18:40

肥満でも他のメタボリスクなければ早期死亡リスクは大きく上昇せず

肥満または腹部肥満(内臓脂肪蓄積)であっても、他のメタボリックリスクがなければ標準体重で健康な人と比べて早期死亡リスクが大きく上昇することはないという研究成果が発表された。
07/15 18:30

喫煙は交通事故死のリスクをもたらす、統計から明らかに 東北大の研究

喫煙者はそうでない人に比べ交通事故死するリスクが高い。
07/05 17:30

ゲーム依存は「疾患」 WHOが認定

世界保健機構(WHO)は6月18日、ゲームのやり過ぎにより日常生活に支障をきたすゲーム依存症を「ゲーム障害」という疾患と認定した。
07/02 08:50

加熱式たばこの分煙容認 東京五輪での施行目指す

喫煙者にとってはさらなる悲報になるだろうか。
06/14 09:15

奈良県生駒市、市庁舎で喫煙後45分間はエレベータ利用禁止に

奈良県生駒市ではすでに市庁舎内の全面禁煙と屋外での喫煙所設置が行われているが、これに加えて新たに「喫煙後45分間はエレベータの利用禁止」というルールを設けるという。
04/03 23:52

コンビニ出店戦略の意外な盲点

10月末現在で国内のコンビニの総店舗数は、5万5,341。
12/22 15:05

喫煙者・非喫煙者からの声 都が受動喫煙防止条例の意見を公表

東京都は、今後定めようとしている受動喫煙防止条例(仮称)に対して寄せられた意見を発表、これによると喫煙者からの反対意見が多く寄せられたことが分かった。
11/29 17:36

「非喫煙者の有休増」はマイナスの強要でなくプラスを与えるとの考えだった

非喫煙者の有給休暇を年間6日増やす社内制度が注目されているという記事がありました。
09/04 11:40

JT、フィリピン2位のたばこ会社資産を約1048億円で取得

JTはフィリピンでたばこ事業を展開するMighty Corporation(MC社)のたばこ事業に関する資産を約1,048億円で取得する事に合意し、契約を締結したと発表した。
09/03 21:48

都民ファーストの会による受動喫煙防止案に賛否両論

都民ファーストの会が9月での都議会において、受動喫煙に関する条例案の提出を検討していると報じられている。
08/17 08:25

喫煙率2割を切る 厚労省調査で明らかに

厚生労働省が公表した『国民生活基礎調査』によると、2016年の喫煙率が初めて2割を切ったことがわかった。
08/03 09:48

米食品医薬品局、紙巻きタバコのニコチン含有量を依存症起こらないレベルに

米食品医薬品局(FDA)は28日、タバコに関連する病気や若年死を減らすための取り組みの一環として、ニコチン依存症が起こらないレベルまで紙巻きタバコのニコチン含有量を減らす計画を明らかにした。
07/30 17:49

愛煙家VS 嫌煙家 2020年東京五輪へ向けての攻防とは

2020年の東京五輪に向け、厚生労働省は、他人のたばこの煙を吸わされる受動喫煙対策の強化に乗り出しているが、そんな中「保険クリニック」は、喫煙者 300 人と非喫煙者 300 人にたばこについてアンケート調査を実施した。
07/17 09:23

クリエ・ココ、すい臓がんをカンタン診断のアプリ、医師への相談機能も

クリエ・ココ(岡山県岡山市)とForMedicine(岡山県倉敷市)は28日、すい臓がんの診断アプリ「すい臓がん診断おうちでカンタン相談」を公開したと発表した。
05/01 15:01

崩壊する地下アイドルブーム

AKB48は、「会いに行けるアイドル」ということで、自前の劇場で毎日公演を行うということを売りにして成功を収めた。
03/19 07:49

14歳時点での脳活動を観察、薬物常用などの可能性を予測できる?

14歳の時点での脳活動を観察することで、その後その人が「問題のある薬物常用癖」を持つ可能性を予測できるという研究結果が発表された(Nature、WIRED)。
03/17 08:56

喫煙する権利は憲法で保障されているのか

政府は飲食店を原則としてすべて禁煙にする方針を掲げているが、これに対し自民党の「たばこ議員連盟」がこれに対抗する対案を出している(FNN)。
03/09 08:51

前へ戻る   1 2