銀行の平均給与、マイナス金利などの影響で2年連続減少 TSR調査

2018年7月31日 06:55

小

中

大

印刷

 東京商工リサーチは30日、国内の銀行91行における2018年3月期の平均年間給与調査の結果を発表。基本給に賞与などを足して算出した平均給与は609万円で、前年から5万9,000円、0.9%減少した。前年を下回るのは2年連続となり、金融機関の収益悪化を窺わせる結果となった。

【前年は】国内銀行92行の平均年間給与、2017年3月期は615万2000円

 国内銀行91行のうち、前年の平均給与を割り込んだのは全体の76.9%にあたる70行。また平均給与の上位10行において、前年より給与が上がったのはあおぞら銀行と新生銀行の2行のみであった。なお91行の内訳は大手行6行、地方銀行54行、第二地銀31行である。

 平均給与のトップは三井住友銀行の810万5,000円で、スルガ銀行の800万8,000円、東京スター銀行の796万4,000円がそれに続く。業態別では大手行の平均給与は757万8,000円、地方銀行が623万9,000円、第二地銀が554万2,000円であった。

 平均給与は2007年3月期に653万8,000円を記録して以降、減少傾向にある。2013年3月期には増加に転じるも、2016年2月に日本銀行がマイナス金利を導入してからは再度下降した。

 日本銀行の金融政策は市中金利に影響を与える。銀行は預金の金利と資金の貸出における金利の差分を利益としているが、その貸出金利は市中金利に連動して決められる。そのため、日本銀行による金融政策の影響で市中金利が低くなると、銀行の貸出金利も低くなる。

 貸出金利が低下すれば預金金利との差分は減少し、収益は悪化する。加えて残業などに伴う時間外手当の削減が響き、平均給与は低下したとみられる。(記事:小椋恒示・記事一覧を見る

関連キーワード三井住友銀行東京商工リサーチ給与残業スルガ銀行

広告

写真で見るニュース

  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース