ホーム > ニュース一覧 > 京都大学(6)

京都大学のニュース(ページ 6)

GLM、京都に新社屋開設 研究開発拠点に ショールーム機能も

EV(電気自動車)スタートアップであるGLMが、新社屋兼研究開発拠点を京都に開設した。
11/09 09:20

京大など、アクチビンEの肥満解消効果を解明

京都大学などの研究グループが、アクチビンEというタンパク質の肥満解消効果を発見した。
11/04 20:33

持続可能な森林資源の育成にむけた研究で連携 ヤマハと京都大

大手楽器メーカー、ヤマハ(静岡県浜松市)と京都大学は10月31日、「森林資源の持続可能性」を共通テーマに共同で基礎研究や研究成果の実用化を行う包括的研究連携協定を結んだと発表した。
11/01 13:31

再生医療、研究技術の進歩加速 臨床応用市場は急拡大 富士経済が予測

2006年に新しい多能性幹細胞であるISP細胞が京都大学のグループによって作り出された際は再生医療の飛躍的進歩に大きな期待が寄せられた。
11/01 08:38

ヒアリは特定のウイルスに感染すると食べ物の嗜好が変わる 京大の研究

最近国内で確認され話題となった外来生物のヒアリは、「SINV-1」というウイルスに感染すると食べ物の嗜好が変化するそうだ。
10/11 18:14

宇宙と落語のコラボレーション 京大で「第8回京大宇宙落語会」開催

宇宙や天体にロマンを感じるという人もいるだろう。
10/11 08:31

京大、世界で初めて雄のいない社会を持つシロアリを発見

京都大学の矢代敏久農学研究科特定研究員(現・シドニー大学研究員)、松浦健二同教授、小林和也フィールド科学教育研究センター講師らの研究グループは、日本固有種のナカジマシロアリというシロアリが、一般的にはオスとメスが混在して暮らすシロアリの中にあって、メスのみしか存在せず単為生殖で繁殖しているという事実を明らかにした。
10/04 21:38

プラズマ波動によるエネルギー輸送を世界で初めて実証 名古屋大ら

名古屋大学などの研究グループは、宇宙空間でプラズマの波を介して粒子のエネルギー輸送の実証に成功したと発表した。
10/02 21:08

2018年ノーベル医学・生理学賞、がんの新たな治療法発見の本庶佑氏ら受賞

2018年のノーベル医学・生理学賞は、米国のジェームズ・P・アリソン氏と京都大学の本庶佑氏が共同受賞した。
10/02 17:54

日本の常緑広葉樹は最後の氷河期をどう過ごしていたか、阪大などの研究

約2万1,000年前の最後の氷河期(最終氷期最寒冷期)において、日本列島の常緑広葉樹の代表的な存在であるシイのなかまスダジイが、どうやって生き延びたかという問題について、大阪大学などの研究グループが発表を行った。
10/02 11:51

バイオマスから油脂を生産する新種の酵母、理研などが発見

理化学研究所(理研)バイオリソース研究センター微生物材料開発室事業推進ユニットの高島昌子ユニットリーダー、大熊盛也室長、明治薬科大学微生物学研究室の杉田隆教授、龍谷大学農学部の島純教授、京都大学大学院農学研究科の谷村あゆみ特定研究員らの共同研究グループが、バイオマス由来の2種類の糖から効率よく油脂を生産する、新種の酵母を発見した。
09/24 11:15

良い人は公正に振る舞うと赤ちゃんも考えている 京大の研究

世の中には善人と悪人がいて、善人は公正な存在であり、悪人は不公正な存在である。
09/20 21:55

花の性別によって共生する微生物が異なる 京大の研究

京都大学の研究グループが、植物の雄花と雌花で花に棲む微生物群集が異なることを解明した。
09/20 11:30

亜鉛欠乏症は何故様々な症状を引き起こすのか 京都大などの研究

京都大学の神戸大朋生命科学研究科准教授、武田貴成同博士課程学生、東北大学の駒井三千夫教授、山梨大学の川村龍吉教授らの研究グループは、亜鉛が細胞外のアデノシン三リン酸(ATP)の分解に関わることに着目し、亜鉛不足が、ATPの蓄積とATPの分解産物であるアデノシンの減少を引き起こすことを、世界で初めて明らかにした。
09/09 17:41

NTT西日本、京都大の卒業証明書など年明けから全国のコンビニで発行

NTT西日本は27日、京都大学の卒業生、在学生に対し、2019年1月7日から全国のコンビニエンスストアで卒業証明書など各種証明書を発行するサービスをスタートさせることを明らかにした。
08/27 20:56

東アジア最大の望遠鏡「せいめい」が完成、京大岡山天文台

京都大学などが同大岡山天文台に建設を進めてきた、東アジア最大の光学赤外線望遠鏡「せいめい」が完成し、17日に公開された。
08/20 18:42

移動できる子供型アンドロイド「ibuki(イブキ)」を開発、阪大や京大など

大阪大学の石黒浩教授、京都大学の河原達也教授らは7月31日、移動型の子供型アンドロイド「ibuki(イブキ)」を開発したことを発表した。
08/02 11:35

京大など、野生ニホンザルの腸内細菌を解明

京都大学などの研究グループが、野生のニホンザルがどのような腸内細菌を持っているかを明らかにした。
07/24 22:02

京大など、絶滅した鳥「メガネウ」の化石を青森県で発見

京都大学などの研究グループが、絶滅鳥類「メガネウ」の化石を青森県の約12万年前の地層から発見した。
07/22 19:25

iPS細胞から高効率で血小板を量産する手法を発見、日本医療研究開発機構

血小板は輸血において欠かせないものである。
07/16 06:57

幻のマヨラナ粒子の存在を証明!エラーのない量子コンピューターへ一歩前進

80年以上前に存在は予言されていたものの、それを証明することができなかったマヨラナ粒子の存在が、世界で初めて証明された。
07/15 10:04

南極で検出されたニュートリノ、放射源は超巨大ブラックホール

宇宙から飛来するニュートリノとガンマ線の検出により、ニュートリノの放射源となる天体を突き止めることに成功したと、千葉大などの研究グループが13日に発表した。
07/14 21:45

京大、DNA分析をもとにチンパンジーの年齢の推定に成功

京都大学の研究グループは、DNAのメチル化の検出によってチンパンジーの年齢推定に成功した。
07/11 17:48

宇宙飛行士に生じる眼病の謎を解明、京大の研究

京都大学などの研究グループは、長期宇宙滞在後の宇宙飛行士に見られる特有の眼病の原因を明らかにした。
07/11 12:01

ハダニは捕食者と遭遇すると寄主植物の選択が変わる、京大の研究

カンザワハダニは捕食者に出会った事がある場合より多く卵を産める寄主植物を選べるようになる。
07/09 11:16

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ進む