経団連・榊原会長、労使交渉現況に「労使知恵絞った成果」

2017年3月16日 18:46

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 春季労使交渉・集中回答日の15日、日本経済団体連合会の榊原定征会長は「多くの企業では3年連続して賃金水準の底上げ、賞与・一時金の増額などを実施してきた。本日の回答を見る限り、ベースアップの実施や賞与・一時金の満額または前年実績以上の支給が太宗を占めている」とのコメントを発表した。

 榊原会長は「年収ベースの賃金引上げのモメンタムを継続すべく、労使で懸命に知恵を絞った成果であり、デフレ脱却と経済再生の実現に引き続き取り組んでいくという経営側からのメッセージであると高く評価したい」としている。

 また「今年は多くの企業労使が賃金に関する事項だけでなく、働き方改革の推進についても重点的に協議を行っていることが大きな特徴」とし「春季労使交渉・協議における大変重要なテーマになると考えられる」とこれから交渉する企業においても、賃金と働き方の改善が並行して交渉事項になっていくとの考えを示した。

菅義偉官房長官は同日の記者会見で、賃金アップや働き方改革などへの流れが中小企業や非正規雇用にも広がっていくことを期待していた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
労使交渉「4年間賃上げ積上げの意義重い」連合
非正規待遇改善が経済好循環につながる 榊原氏
個人消費が伸びない原因分析と対応必要 榊原氏
「賃上げは年収ベースで」榊原経団連会長
年収ベースでの賃金引上げを目指す 榊原会長

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード雇用榊原定征日本経済団体連合会(経団連)菅義偉官房長官非正規働き方改革中小企業

広告

写真で見るニュース

  • ブラング エア パフュームディフューザー(カーメイトの発表資料より)
  • 渦巻銀河NGC3147のブラックホールに存在する降着円盤の想像図 (c) NASA, ESA, S. Bianchi (Università degli Studi Roma Tre University), A. Laor (Technion-Israel Institute of Technology), and M. Chiaberge (ESA, STScI, and JHU); illustration: NASA, ESA, and A. Feild and L. Hustak (STScI)
  • イオンモール上尾のイメージ(イオンモール発表資料より)
  • Nintendo Switch Lite イエロー。(画像:任天堂発表資料より)
  • 機体左側のイメージ(画像: 日本航空の発表資料より)
  • MAZDA6セダン(画像: マツダの発表資料より)
  • ノート e-POWER(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • アルマ望遠鏡が撮影した、巨大原始星「G353.273+0.641」。原始星周囲のコンパクトな構造を赤、円盤を黄、その外側に広がるガス(エンベロープ)は青として疑似カラー合成されている。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Motogi et al.
 

広告

ピックアップ 注目ニュース