1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 経済
  4.  > 雇用(1)

雇用のニュース一覧

政府が「70歳までの就業機会確保」について将来の義務化を検討するという(時事通信)。 02/21 23:03

就業するための技能や経験の少ない求職者はトライアル雇用によって就業先が自分にとって適切かを判断することができる。企業側は助成金を受けることができるため、うまく活用することができればお互いにメリットの多い制度として機能するのではないだろうか。

職業経験が少ない、または職業に就く技能が不足している求職者に対し、職業安定所はトライアル雇用の検討を紹介することができる。 02/15 08:16

(c) 123rf

北米で営業的に成功したスバルは、品質保証が基本であることを忘れたかのようだ。 01/30 18:03

70歳まで働ける制度を設けている企業の割合は過去最高になった。少子高齢化社会がいよいよ進む中、このような制度を作る企業を増やすのが国家の課題となるだろう。

労働力人口の減少に伴って深刻化する人材不足を反映して、高齢者雇用を推進する企業が増加してきている。 11/26 08:41

ハローワークを通じた障がい者の求職状況(画像: 厚生労働省資料より)

国や地方自治体、企業は障がい者を一定の割合以上雇用するよう法律で義務づけられているが、今年4月からは障がい者雇用義務に精神障害者が加わり、法定雇用率も引き上げられた。 11/24 16:35

文部科学省が全国2500社を対象に無作為抽出で今年7月~8月に行った2018年度就職・採用に関する企業調査で1012社が回答。 10/14 11:47

菅義偉官房長官は4日の記者会見で、日本経済団体連合会の中西宏明会長が2020年度(2021年春)の入社学生に関して会員企業で決めている採用活動の統一ルールを廃止する考えを示したことについて就活ルール(採用ルール)の在り方については「企業側、大学側など関係者が、学生のことを十二分に考えながら議論していくことが重要だ」と学生の視点で議論することが大事だと強調した。 09/05 12:35

HIROKENが「債務に関するアンケート調査」を実施。債務額は年収300万までは300万円台、年収500万以上800万未満は800万円台。

家計調査をみると二人以上世帯のうち勤労者世帯の負債保有額は上昇傾向で、特に2010年代に入ってからその上昇傾向は大きくなっている。 09/03 11:30

菅義偉官房長官は28日の記者会見で、障がい者雇用率の水増し問題を受け実施した中央省庁に対する再調査で、26の機関で法定雇用率を満たしておらず、全体として3396人の障がい者の雇用が必要なことが分かった、と発表した。 08/29 11:03

現在、日本は働き改革など全ての人にとって働き安い社会を目指して努力している。 08/27 09:33

(c) 123rf

大同生命が発表したアンケート調査「大同生命サーベイ」によると、中小企業でも国内景気の動向により景気が完全していると答えた人が増えているものの、景気悪化の要因として、原材料価格の変動や悪天候などがあがっていることが分かった。 08/16 07:06

厚生労働省が発表した2017年国民生活基礎調査によると、16年の世帯所得は560万2千円となった。今後も世帯所得が増加し、若い世代も景気の回復を実感できるようにしていく必要があるだろう。

厚生労働省が発表した2017年国民生活基礎調査によると、16年の世帯所得は560万2千円となった。 08/04 12:11

国内の主要企業121社を対象に行われた調査では、人工知能を導入している企業は47パーセントに上った。今後は業界の枠を超えて、人工知能導入についての情報交換や技術協力が必要になるだろう。

企業が効率化を目的として人工知能を導入するケースが増えてきた。 07/26 10:57

5日、内閣府が「政策課題分析シリーズ16:60代の労働供給はどのように決まるのか?」を公表。60代前半のフルタイム就業比率は上昇傾向。60代後半で徐々に労働時間を減らし就業状態を変えて行く。

総務省の2017年9月時点での推計によれば総人口に占める高齢者、つまり65歳以上の人口の割合は27.7%と過去最高を記録した。 07/17 10:09

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_economy

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告