1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > リサイクル(1)

リサイクルのニュース一覧

rss
経産省と環境省が2017年度の家電リサイクル実績を公表。廃家電4品目の再商品化率は、エアコン92%、ブラウン管式TV73%、液晶・プラズマ式TV88%、冷蔵庫等80%、洗濯機等90%で、引き続き法定基準を上回る。

家電リサイクルの処理は引き続き順調に行われているようだ。 06/15 14:10

オランダ・アムステルダムで、噛み終えたチューインガムをリサイクルして原料に使用するスニーカー「Gumshoe」が開発された。 04/30 15:39

焼却残渣を有用資源に変換する、その概要。(画像:産総研発表資料より)

産業技術総合研究所(以下、産総研)などからなる共同研究グループは、都市ごみの清掃工場で燃えるごみを焼却した際に生じる残渣物、いわゆる「溶融スラグ」を原料に、高比表面積シリカと呼ばれる高い価値のあるマテリアルを製造する技術を開発した。 07/26 08:07

絶滅を危惧される生物の一種であるウミガメが、海洋を漂うプラスチックなどを餌と間違えて食べて死んでしまう問題については比較的有名だ。(画像:いらすとや)

海洋プラスチック、という言葉がある。 04/23 06:37

大日本印刷は、口栓付きのアルコール飲料向け紙容器の新製品2種を開発した。写真は、解体しやすいタイプ。牛乳パックと同じ要領でハサミで簡単に解体できるという。(大日本印刷の発表資料より)

大日本印刷は27日、口栓付きのアルコール飲料向け紙容器の新製品2種を開発したと発表した。 05/27 12:24

PaperLabは、幅2.6×奥行1.2×高さ1.8mとかなり大きい。設置するスペースを確保できる企業にとってメリットは大きい。動作音は中型のシュレッダー程度で「70dB以下には抑えたい」という。当面、国内販売に限定。大手企業や金融機関、官公庁、自治体などをターゲットに販売する予定。価格は未定

セイコーエプソンは、使用済みのオフィス用紙から新しい紙を生産することができるオフィス向けの製紙機「PaperLab(ペーパーラボ)」を開発し、10日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催中の環境展示会「エコプロダクツ2015」のエプソンブースで公開した。 12/13 20:13

セブン&アイ・ホールディングスのペットボトル回収の仕組みの概要を示す図(同社発表資料より)

セブン&アイ・ホールディングスは4日、江東区のセブン-イレブン店舗にペットボトル自動回収機を設置すると発表した。 12/06 21:35

伊藤忠商事は、連結子会社である大連新緑再生資源加工有限公司(大連新緑)を中国の大手金属再生事業者である斉合天地集団有限公司(斉合天地)に売却し、斉合天地の株式を一部引き受けることに合意したと発表した。 08/28 11:48

ライオンが実施する使用済みハブラシを回収してリサイクルするプログラムの概要を示す図。(写真:ライオンの発表資料より)

ライオンは25日、テラサイクルジャパン合同会社と提携し、25日から使用済みハブラシを回収してリサイクルするプログラムを開始すると発表した。 05/25 18:08

全国のこのような大規模下水処理プラントに水素ステーションができれば燃料電池車の普及にも弾みがつく。また、下水処理プラントが発電所になる可能性を秘めている

地球温暖化などの問題を背景に、燃料油などの化石エネルギーに代わる新たなクリーンエネルギーの開発への関心が高まっている。 04/04 17:54

気液界面放電水処理技術を適用した工業廃水再利用システム概念図(三菱電機のの発表資料より)

三菱電機は27日、難分解性物質を高効率に分解する工業廃水や下水の処理・再利用に適用できる新たな水処理技術を開発したと発表した。 01/28 11:25

凸版印刷が開発した紙と樹脂素材を複合したプラスチック成型品のサンプル© Toppan Printing Co., Ltd.

凸版印刷は6日、紙と樹脂素材を複合したバイオマスプラスチックによる、環境配慮型のプラスチック成型品を開発したと発表した。 10/06 17:21

2010年にトヨタの高級ブランド・レクサスから登場したスポーツカー「LFA」には、軽量化を目的にカーボン繊維がボディに使われた。トヨタでは、車体の軽量化を図るため「将来一般量産車にも採用していきたい技術だ」としている。

独立行政法人「新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)」は、この8月、ナノ炭素材料全般の実用化を加速するため「低炭素社会を実現するナノ炭素材料実用化プロジェクト」を新たにスタートすると発表した。 09/20 20:15

伊藤園は、ウッドプラスチックテクノロジーと日本パレットプールと共同で、緑茶飲料「お~いお茶」の茶殻を活用した「茶殻入りパレット」を開発した。

伊藤園は5日、ウッドプラスチックテクノロジーと日本パレットプールと共同で、緑茶飲料「お~いお茶」の茶殻を活用した「茶殻入りパレット」を開発したと発表した。 09/07 19:08

 1 2 3 4  次へ進む

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告