中国のプラスチックゴミ輸入禁止、国内のプラスチックゴミ処分に影響

2018年10月22日 22:28

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 環境省が18日、外国政府による廃棄物の輸入規制等に係る影響等に関する調査結果を発表した。これによると、中国が昨年末に使用済プラスチック等の輸入を禁止した影響で、国内で廃棄されたプラスチックの保管量が増加しているという(AFP)。

 今まで使用済みプラスチック(いわゆるプラスチックゴミ)のうち一定量が中国に持ち出されて処理されていたが、これが行えなくなったために国内で処理しなければならない使用済みプラスチックの量が増加し、処理能力が逼迫しているという。環境省が都道府県および政令市と処理業者にアンケート調査を行ったところ、約24.8%の都道府県および政令市で保管料の増加が確認できたという。一方で処理施設の新設や処理能力増強の動きはあまりないようだ。

 この影響で、処理済みプラスチックの売却価格が大幅に下落しているとのことで、処理費用の増加や、今までリサイクルされていた使用済みプラスチックが廃棄処分されるケースも増えているそうだ。

 スラドのコメントを読む | 日本

 関連ストーリー:
海上に漂うプラスチックゴミを回収する「Ocean Cleanup」プロジェクト 2018年09月14日
ゴミをガス化し、微生物によってエタノール化する技術 2017年12月08日
プラスチックゴミを3Dプリンタの造形材料として再利用できる「Filabot」 2013年01月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国環境省

「リサイクル」の写真ニュース

環境・エコの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース