噛み終えたチューインガムを素材に使用するスニーカー、オランダで開発

2018年4月30日 15:39

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

オランダ・アムステルダムで、噛み終えたチューインガムをリサイクルして原料に使用するスニーカー「Gumshoe」が開発された(Gumshoe公式サイトThe Vergeの記事動画)。

タバコの吸殻が年60億個以上街にポイ捨てされるというオランダだが、噛み終えて街中で吐き出されるチューインガムは吸殻の次に多く、年15,000トンが捨てられているという。オランダ政府は年間数百万ユーロをチューインガムの清掃に費やしているが、チューインガムは生分解に20~25年かかるという問題もある。

この問題を解決するためアムステルダム市のマーケティング組織「I amsterdam」は地元のファッションブランドExplicit、およびチューインガムのリサイクル素材「Gum-tec」を使用した製品を製造・販売するGumdrop Ltdと提携し、Gumshoeを開発した。Gumdrop Ltdは噛み終えたチューインガムに関する世界的な問題を解決するために2009年に設立され、市内に設置した専用回収容器「Gumdrop」や携帯用回収容器「Gumdrop On-the-go」で回収したチューインガムからGum-tecを製造している。

Gum-tecが使われるのはGumshoeのソール部分で、4足にチューインガム 1kgを使用するという。発売は6月、現在Explicitのオンラインストアで事前予約を受け付けている。色は黒とピンクの2種類、価格は199ユーロ95セント(約26,500円)だが、現在は49ユーロ95セント(約6,600円)に値下げされている。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 地球 | idle

 関連ストーリー:
このスニーカーは何色?ソーシャルメディアで論争に 2017年10月15日
タバコの吸殻をカラスに集めさせるというアイディア 2017年10月09日
無料Wi-Fiサービスの利用規約、ちゃんと読んでる? 2017年07月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードオランダアムステルダムスニーカー

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • アウトバーストを起こす超大質量ブラックホール (c)  X-ray: NASA/CXO/CSIC-INTA/G.Miniutti et al.; Optical: DSS
  • (画像: ブルーパドルの発表資料より)
  • 東急プラザ渋谷のイメージ(東急不動産発表資料より)
  • MINIの生誕60周年記念特別仕様車「MINI 60 YEARS EDITION」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 惑星探査機カッシーニからみた土星 (c) NASA
  • 広島駅ビルの外観イメージ(JR西日本発表資料より)
  • スマート・EQ Fortwo(画像: ダイムラーの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース