データセンターの排熱を植物工場と水産養殖施設に活用する試み

2019年10月4日 12:02

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 データセンターと水耕栽培による植物工場、水産養殖施設を併設し、データセンターの廃熱を有効活用する施設が新潟県長岡市で建設された(農業共同組合新聞日経新聞FNN PRIME)。

 この施設では魚の排泄物を養分として野菜を育てるシステムが構築されており、さらにデータセンターの廃熱を施設内の温度調整や水槽の水温調整に活用するという。水産養殖ではキャビアを産むチョウザメを、水耕栽培ではレタスやバジル、いちごなどを育てるそうだ。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | ビジネス

 関連ストーリー:
自宅のルーターとNASの廃熱で野菜を育てる 2017年01月11日
CPUの廃熱を利用してデータセンターを冷却 2011年11月07日
グラフィックボードの廃熱でゆで卵を作る 2010年10月01日
廃熱で冷却、実用化にメド 2007年01月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード新潟県植物工場

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「ザ・コラーゲン B-Shot」(画像: 資生堂の発表資料より)
  • 第46回東京モーターショーでダイハツが出展する予定のコンセプトカー「WakuWaku(ワクワク)」(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース