1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 政治・社会
  4.  > 地震(5)

地震のニュース(ページ 5)一覧

解析した地震(色は深さ)の分布(図:東北大学の発表資料より)

東京工業大学の中島淳一教授と東北大学の内田直希准教授は10日、茨城県南西部のフィリピン海プレートの上部境界周辺で発生する地震の波形を解析することで、プレート境界で約1年周期のスロースリップ(ゆっくりすべり)が発生し、それに伴って水が浅部に排出されていると発表した。 04/11 06:49

ドローンは、空飛ぶ「Wi-Fi基地」になる【スマホでサンマが焼ける日】

【第11回】電気・エネルギー業界は今、50年に1度の大転換期を迎えています。 04/03 23:29

共用部用耐震SD「AKUZO」。(画像:三和シヤッター工業発表資料より)

三和シヤッター工業は、様々な避難経路に設置可能で、耐震性能等級D-3に対応し、ドア枠が変形しても解放できる共用部用スチールドア(SD)「AKUZO」を、4月1日から発売する。 03/22 20:32

「THE すまいのハザードマップ」の画面イメージ (画像: 損害保険ジャパン日本興亜の発表資料より)

損害保険ジャパン日本興亜は4月から、公的機関等が開示するハザードマップに、同社の保険金支払い実績データを加えたオリジナルのハザードマップ「THE すまいのハザードマップ」を提供する。 03/09 12:50

台湾東部の花蓮市で今月6日に起きた地震は、多くのホテルや建物が倒壊するなど、台湾へと甚大な被害を与えた。 02/14 07:01

政府は日本時間7日午前0時50分ごろに台湾東部で発生した地震に対する台湾当局による行方不明者捜索・救助活動を支援するため、8日、7人の専門家チームを現地に派遣した。 02/09 22:31

1月5日11時ごろ、茨城県と石川県で震度3程度の地震が発生した。 01/07 19:54

防災意識の高い日本という国では防災ビジネスも盛んである。※画像はイメージです。

日本は災害が多い国である。 11/29 16:20

防災科研の整備・運用する海底地震津波観測網から得られる海底地震計データを鉄道事業者各社の地震防災対策へ活用することを目的とした相互協力協定を締結した。

国立研究開発法人防災科学技術研究所(以下、防災科研)、東日本旅客鉄道株式会社(以下、JR東日本)〈9020〉、東海旅客鉄道株式会社(以下、JR東海)〈9022〉、西日本旅客鉄道株式会社(以下、JR西日本)〈9021〉は、防災科研の整備・運用する海底地震津波観測網から得られる海底地震計データを鉄道事業者各社の地震防災対策へ活用することを目的とした相互協力協定を平成29年10月30日付で締結した。 11/10 19:36

パナホームは、同社が開発を進めるスマートシティ潮芦屋「そらしま」の全117住戸を対象に、エナリス、興銀リース、兵庫県企業庁らと共同でマイクログリッドシステム街づくりに着手する。国内外に向けてのモデルケースとして期待がかかる。

2011年に発生した東日本大震災を境に、日本各地で災害に強いまちづくりへの取り組みが活発化している。 10/29 22:47

“SDGs”は、格差の問題、持続可能な消費や生産、気候変動対策など、先進国が自らの国内で取り組まなければならない課題を含んだ“持続可能な開発目標”である。

国際社会は、2001年に策定されたミレニアム開発目標“MDGs”を開発分野の羅針盤として、15年間で一定の成果を上げたが、その一方で、教育、母子保健、衛生といった未達成の目標や、サハラ以南のアフリカなど一部地域での目標達成の遅れなど、残された課題も多い。 10/16 07:18

小野寺五典防衛大臣は26日、東京を含む防衛部隊、東部方面総監部のある朝霞駐屯地を視察。 09/28 07:29

2017年9月23日に地球は滅亡する、という説がネットなどで出回っていたそうだ。 09/26 07:32

JESEAは東京農業大学と共同で、同大学の世田谷キャンパス内に地震を観測する電子観測点を設置した。人工衛星からのデータも活用し、正確な地震観測が約1カ月以前から観測が可能となった。

JESEA(地震科学探査機構)と東京農業大学は地震による正確で迅速な予測を行うため、東京農業大学の世田谷キャンパス内に電子観測器を設置した。 09/19 11:30

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9  次へ進む

広告