震災時の避難に向けた保険の開発が進む

2019年7月9日 07:49

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 地震や豪雨といった災害時の避難に目を付けた保険の開発が進んでいるという(NHK)。

 1つは、一般市民向けの「避難保険」というもの。災害発生時に保険会社などがタクシー会社などと提携し、災害時に保険加入者を避難させるというアイデアだ。ただ、こちらについてはまだアイデア段階であり、実現はしていないという。

 もう1つは自治体を対象とするもので、避難勧告や避難指示を出したときに必要となる費用を保険会社が支払うという仕組み。こちらについては損保ジャパンなどが2017年度に商品化しており、すでに全国の市町村のうち約2割がこの保険に加入し、150を超える自治体が保険料を受け取っているという(SankeiBiz)。

 国の災害救助法が適用された場合、避難所の設置や生活必需品の提供にかかった費用は国と都道府県が負担するが、そうでない場合は自治体の負担になる。保険に加入することで、こうした費用面の負担を考えずに避難勧告などを出すことができるようになるという。

 スラドのコメントを読む | ニュース | お金

 関連ストーリー:
日本損保協会、都道府県別・危ない交差点ワースト5を発表 2018年09月27日
埼玉県、条例によって自転車保険を義務化へ 2018年02月22日
名古屋市、条例で市内で自転車に乗る全員に損害賠償保険への加入を義務付け 2017年09月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード保険地震

広告

広告

写真で見るニュース

  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
  • 2018年4月25日に公開された詳細な銀河系の立体地図 (c) ESA
  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース