火星の地震と見られる振動を観測 NASA

2019年4月25日 21:33

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 NASAは火星探査機InSightの活動の一環として、火星の地表に地震計を設置した。この地震計が、地震と見られる震動を初めて検出したそうだ(sorae朝日新聞読売新聞CNNGIGAZINE)。

 NASAのInSight公式Twitterでは、観測された地震波の情報も公開されている。マグニチュードは2〜2.5程度と推定されており、またこういった震動は複数回検出されているという。

 なお、地球の地震は地球の表面を覆う地殻や岩盤(プレート)の活動によって発生するが、火星にはプレートは存在しないという。そのため、火星の地震は地殻が冷えて収縮する際に発生する歪みが原因ではないかと見られているそうだ。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 火星

 関連ストーリー:
中国・青海省に模擬火星キャンプがオープン 2019年03月09日
火星探査車Opportunity、ミッション終了 2019年02月16日
火星探査車Opportunity、通信が途絶えたまま16年目に突入 2019年01月29日
NASAの火星着陸機InSight、火星の風音を聴く 2018年12月12日
NASAのInSight着陸機、火星着陸に成功 2018年11月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNASA地震火星

広告

写真で見るニュース

  • TORQUE G04。(画像:KDDI発表資料より)
  • 「島耕作も愛した幻の立ちそば 虎ノ門 港屋 辛香るラー油の鶏そば」(画像: 日清食品の発表資料より)
  • ジャガー「XE」2020年モデル。(画像: ジャガー・ランドローバー・ジャパンの発表資料より)
  • Mazda3のオーディオシステム。(画像: マツダの発表資料より)
  • 虎ノ門・麻布台プロジェクト完成イメージ。(画像:森ビル発表資料より)
  • BMW 330e iPerformance(画像: BMWの発表資料より)
  • 「ポルシェタイカン」ナルドでのテスト風景(画像:ポルシェ ニュースルーム発表資料)
  • 蛇田店に配備されているせいきょう便(みやぎ生協発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース