南海トラフ地震の予知は困難、「100回中99回で予知失敗」との集計結果

2019年5月23日 23:35

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 関西大学の林能成教授が行った地震学者に対するアンケート調査によると、地震学者の多くは南海トラフ巨大地震の予知は非常に困難だと回答していたという(共同通信信濃毎日新聞京都新聞)。

 この調査では日本地震学会に参加する90人が回答していたもの。また、「100回の巨大地震で予知を試みたとして、前兆現象があり、観測でき、危険性を判定し公表するという各段階をクリアして情報を出せるのは平均5、6回。うち当たるのは1回程度」とも予測されているという。

 昨今では「地震予知は当てにならない」「地震予知は不可能」という意見も強くなっており、地震予知に頼らない対策が必要との声が出ている。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 日本 | サイエンス | 地震

 関連ストーリー:
民間企業による「AI地震予測」、公表される 2018年05月23日
地震予知を前提とした日本政府の政策は無意味なのか 2017年05月19日
大地震の発生前20~60分前に予兆を観測する新手法 2016年10月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード地震地震予知

広告