震度7より震度5クラスの地震が高速道路での事故は起きやすいという調査結果

2020年1月17日 18:44

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 阪神高速道路会社や京都大学により、地震発生時の高速道路上での事故発生確率は震度7よりも震度5強の方が高いという研究結果がまとめられた(NHK神戸新聞)。

 ドライブシミュレータを使用し、36人に高速道路で運転中に地震が発生した場合にドライバーがどのような挙動を取るかを収集した。その結果、震度5クラスでは地震発生の際に減速するドライバーが震度7クラスの場合よりも少なく、それによって前後の車両と衝突する確率が2倍ほど高くなったという。

 スラドのコメントを読む | 交通 | 地震

 関連ストーリー:
グリッドロック:「超」渋滞現象、震災で初確認 2012年10月04日
揺れる前に知らせる「ナウキャスト地震情報」 2003年03月07日
キャンピングカーや重量級貨物車はタイヤにご注意 2018年08月22日
高齢者向けに「自動ブレーキ車限定」のような新たな限定自動車運転免許の導入が検討される 2017年07月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード京都大学地震