国際 RSS

 

断層存在しない場所で発生のポルトガル沖の地震、プレートの剥離が原因か

2019年5月16日 08:58

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 1969年にポルトガル沖で大地震による津波が発生した。一般的に地震は断層のずれや海底火山の活動などが原因とされるが、この地震の震源近くには断層や海底火山は存在せず、なぜその場所で地震が発生したのか、その原因は長らく分かっていなかった。しかし、新たな研究により、この地震は「プレートの剥離」が原因だという仮説が浮かんできたそうだ(ナショナル ジオグラフィックSputnikSlashdot)。

 研究によると、地震の震源部分に「密度の高い塊」が存在していることが分かったという。仮説では、プレートの亀裂に入り込んだ海水によってプレートの表層が脆くなり、この「密度の高い塊」の部分が剥離して沈み込んでいき、沈み込み帯と呼ばれる海溝やトラフの元になる領域が生まれるのではないか、と推測されている。

 この説はまだ仮説段階だが、もし事実であれば海洋プレートが剥離して沈み込み帯が生まれる様子をとらえた初めての研究となるという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 地球 | サイエンス

 関連ストーリー:
3月13日の紀伊水道を震源地とする地震、南海トラフ地震との関連は? 2019年03月16日
相模トラフのプレート境界で発生する大地震の発生間隔は500~2800年 2017年09月07日
東北地方太平洋沖地震により太平洋プレート内部にて正断層地震活動が活溌化 2012年02月01日
マントル遷移層下部に「プレートの墓場」? 2008年02月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード地震

広告

広告

写真で見るニュース

  • 米月周回無人衛星「ルナー・リコネサンス・オービター 」が撮影した月の裏側 (c) NASA/GSFC/Arizona State University
  • ファイナルファンタジーXIVウエディングオリジナル演出。4K対応の大迫力スクリーンの前で、オリジナル証明書へのサイン。(画像:ブライダルハート発表資料より)
  • SBXC039。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
  • 「派遣BOARD」のイメージ。(画像: ハケンボード発表資料より)
  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース