1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 政治・社会
  4.  > 地震(6)

地震のニュース(ページ 6)一覧

トラストバンクでは、20代の男女1111名を対象に、「ふるさと納税の寄附金の使い道」に関する調査を実施、その中でも関心の高かったのはマスメディアによる被災地の報道が記憶に新しい「災害支援」という結果となった。個人で無利息の寄付金を団体に送れるこの制度を通じて復興を願う人が多いようだ。

ふるさと納税総合サイト『ふるさとチョイス』を企画・運営するトラストバンクでは、20代以上の男女1111名を対象に「ふるさと納税の寄付金の使い道」に関する調査を実施した。 09/18 12:38

9月1日は防災の日。そして8月30日から9月5日までは防災週間ということもあって、全国各地で様々な防災啓発のイベントや活動が行われた。 09/10 17:12

江戸時代(1703年)に発生した大地震「元禄地震」や1923年に発生した「関東大震災」は、ともに相模トラフのプレート境界で発生した地震と考えられている。 09/07 22:23

圧縮空気を建築物などに噴射することでわずかに地面から浮上させることで地震による揺れを軽減するという技術が開発されているそうだ(NHK)。 09/04 21:18

北朝鮮が3日、6回目の核実験をしたもよう。 09/03 21:53

異常粒成長により一つの結晶粒が粗大化する様子。(画像:東北大学発表資料より)

金属というものは通常、多数の結晶粒によって構成される。 08/30 11:49

テンダが提供する「予知するアンテナ」は、電気通信大学の早川正士名誉教授による地震予知理論をベースとした個人向けの地震予知サービスで、7月に起きた震度5以上の地震を全て的中させた。

テンダが提供する個人向け地震予知情報配信サービス「予知するアンテナ」が、7月に起きた震度5以上の地震を全て的中させたということで話題になっている。 08/14 21:43

日本列島周辺のプレート運動と頻発する内陸地震。(イラスト:産業技術総合研究所発表資料より)

現在の日本に多くの地震をもたらしている原因が、実は従来の説で考えられていたような太平洋プレートの運動によるものではなく、実際にはフィリピン海プレートの移動によるものではないか、との研究を、国立研究開発法人産業技術総合研究所(以下、産総研)の高橋雅紀 研究主幹が発表した。 07/02 07:54

男体山

6月に開かれた火山噴火予知連絡会において、有史以来噴火の記録が残っておらず、また噴煙などの活動もない栃木県の男体山(なんたいさん)が、新たに活火山と認定された。 07/02 07:38

多くのニュースサイトで話題になっているが、エベレストの標高が2015年4月に起きたネパールで発生した大地震(推定マグニチュード7.8)によって変化した可能性があるという(ナショナルジオグラフィック)。 06/29 17:03

未来に地震が起きたと言われたら驚くだろう。 06/25 07:39

大地震への警戒・危惧は消えることがない。 06/24 20:20

ドローンつり下げ型電磁探査システムによる航行計測の様子(左図)とセンサー部(右図)(産業技術総合研究所の発表資料より)

産業技術総合研究所は5日、複数社と共同で、土砂災害時にドローンを使用し、空中から埋没車両を探査するシステムを開発したと発表。 06/07 07:17

画像はイメージです。

東北大学、大阪大学、NEC、国際航業、エイツーが共同開発した「津波浸水・被害推計システム」が、内閣府の運営する「総合防災情報システム」の一機能として採用されることが明らかになった。 05/25 18:17

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9  次へ進む

広告

広告