小地震と大地震、揺れ始めでは区別できない 東大の研究

2019年9月5日 16:34

小

中

大

印刷

解析地域と大きめの地震(大きな丸:赤=極めて似ている、オレンジ=良く似ている、黒と灰色=その他)、観測点(緑の小さな丸)の分布を表す図。極めて似ている地震とよく似ている地震は陸地のそばに多い。(画像:東京大学発表資料より)

解析地域と大きめの地震(大きな丸:赤=極めて似ている、オレンジ=良く似ている、黒と灰色=その他)、観測点(緑の小さな丸)の分布を表す図。極めて似ている地震とよく似ている地震は陸地のそばに多い。(画像:東京大学発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 地震予測というのは社会的要請は高いのだが、非常に難しい研究分野である。今回の研究報告は、小さい地震も大きい地震も発生直後の揺れ方は酷似している例が多々あるため、発生直後に震度予測を立てるのは難しいというものだ。研究を行ったのは、東京大学の井出哲教授である。

【こちらも】南海トラフ地震の予知は困難、「100回中99回で予知失敗」との集計結果

 昨今、地震発生から震源の発表までのタイムラグは随分と短くなった。緊急地震速報の仕組みというのは音楽のイントロクイズにも似ていて、地震観測点で観測した揺れの始まりの瞬間に、どこで地震が発生したかを推定することができる。

 それはよいのだが、同じ発生直後の情報から最大震度やマグニチュードまで推定することは可能だろうか。これが実は難しいらしい。

 単純な問題として、大きな地震に固有の揺れ始め方があり、小さな地震とは異なるというのなら、それを検出することで大きな地震を予測することが可能であると考えられる。しかし、2018年の研究で、井出教授は茨城県沖で起きた大きさの違う二つの地震が、ほぼ同じ始まり方をしているという例を発見した。

 これは興味深い事実ではあるが、一例だけであるのならば偶然ということで済ませられるかもしれない。そこで井出教授は、今回地域と期間をより広げて網羅的な探索を行い、このような一致が普遍的に見られるのかどうかを調査した。

 北海道から関東までの千島日本海溝、約1,100キロメートルかける250キロメートルの範囲を設定し、まずマグニチュード4.5以上、深さ70キロメートル未満の地震を記録から抽出した。条件に該当する地震は2,500件ほどあった。

 さらに、それらの地震の周囲で発生したマグニチュード2以上4未満の小地震を抽出したところ、約10万件あった。ペア数だと34万である。

 それらを比較したところ、揺れ方の始まりが極めてよく似たペアが多数発見されたという。

 以上のことから、観測点における地震波の始まりから地震の規模を推定することは残念ながら見込みのない戦略である、ということが言えるという。

 なお研究の詳細は、Natureで発表されている。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワード東京大学地震

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース