ホーム > ニュース一覧 > 注目トピックス(2)

注目トピックスのニュース(ページ 2)

米7月CPIは重要指標も米金融政策に決定的な影響を及ぼすものではないとの見方

10日に発表される7月米消費者物価指数は前年比+8.7%、同コア指数は前年比+6.1%程度と予想されている。全体のインフレ率は6月実績を下回る見込みだが、コアインフレ率は6月実績を上回る可能性がある。市場予想と一致した場合、9月開催の連邦公開市場委員会(FOMC)の会合でFF金利の誘導目標水準は3.00-3.25%となる確率が高まりそうだ。ドル買い材料になるとの見方も少なくない。ただ、政策金利見通しは経済指標次第で大きく変わる可能性があるため、市場参加者の間からは「今回発表される7月CPIは重要な参考データであるものの、米金融政策に決定的な影響を及ぼすものではない」との声が聞かれている。《MK》。
08/10 16:55

マツダを対象とするコール型eワラントが上昇率上位にランクイン(10日10:00時点のeワラント取引動向)

新規買いは原資産の株価下落が目立つSUMCO<a href="https://web.fisco.jp/platform/companies/0343600?fm=mj" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><3436></a>コール271回 9月 2,500円を逆張りで買う動きなどが見られる。
08/10 10:21

コラム【アナリスト夜話】重要なことは「細部」に宿る(マネックス証券チーフ・アナリスト大槻奈那)

週末に、出先で紙版の日経新聞朝刊を久々に読みました。
08/10 09:18

8/10の強弱材料

8/10の強弱材料
08/10 08:34

NYの視点:米インフレ、鈍化期待も賃金インフレ上昇で抑制困難に、FRBの利上げ継続

注目されている7月消費者物価指数(CPI)は原油価格の下落で、伸びの鈍化が予想されている。
08/10 07:32

今日の注目スケジュール:中消費者物価指数、米消費者物価コア指数、米卸売在庫など

今日の注目スケジュール:中消費者物価指数、米消費者物価コア指数、米卸売在庫など
08/10 06:30

(中国)上海総合指数は0.04%安でスタート、上値の重い展開

9日の上海総合指数は売り先行。
08/09 11:09

東京エレクトロンを対象とするプット型eワラントが前日比3倍の大幅上昇(9日10:01時点のeワラント取引動向)

上昇率上位は東京エレクトロン<a href="https://web.fisco.jp/platform/companies/0803500?fm=mj" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><8035></a>プット288回 8月 41,000円(前日比3倍)、東京エレクトロン プット289回 8月 50,000円(前日比2.5倍)、ヤマトホールディングス<a href="https://web.fisco.jp/platform/companies/0906400?fm=mj" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><9064></a>プット123回 8月 2,400円(前日比2倍)、ヤマトホールディングス プット122回 8月 2,050円(前日比2倍)、ニアピン米ドルr2 1349回 8月 131円(+81.8%)などとなっている。
08/09 10:20

8/9の強弱材料

8/9の強弱材料
08/09 08:33

NYの視点:米インフレ抑制法案もFRBの大幅利上げ正当化する可能性も

米民主党は困難と見られていた環境対策を盛り込んだ4300億ドル規模のインフレ抑制法案で可決し、成立の見込みがたった。
08/09 07:34

今日の注目スケジュール:米非農業部門労働生産性速報値、ブFIPE消費者物価指数、ブ拡大消費者物価指数など

今日の注目スケジュール:米非農業部門労働生産性速報値、ブFIPE消費者物価指数、ブ拡大消費者物価指数など
08/09 06:30

市場参加者は米国のインフレ指標を再び注目か

ペロシ米下院議長の訪台をめぐる米中関係の悪化を受け、地政学的リスクの高まりが指摘されていたが、8月5日発表の7月米雇用統計は予想以上に強い内容だったことから、9月開催の連邦公開市場委員会(FOMC)でも0.75ポイントの利上げが実施されるとの観測が広がった。5日のニューヨーク外為市場では、リスク選好的なドル買い・円売りが活発となった。市場参加者は米国のインフレ指標を再び注目しており、今週10日に発表される7月米消費者物価コア指数(CPI)に対する関心が高いようだ。コアインフレ率は前年比+6.1%と予想されており、6月実績を上回る見通し。市場予想と一致した場合、日米金利差の拡大が意識され、リスク選好的なドル買い・円売りが強まる可能性がありそうだ。《MK》。
08/08 16:48

今日の注目スケジュール:スイス失業率、ブ週次景気動向調査、ブ貿易収支など

今日の注目スケジュール:スイス失業率、ブ週次景気動向調査、ブ貿易収支など
08/08 11:44

(中国)上海総合指数は0.25%安でスタート、上値の重い展開

8日の上海総合指数は売り先行。
08/08 11:03

スズキを対象とするコール型eワラントが前日比2.4倍の大幅上昇(8日10:00時点のeワラント取引動向)

新規買いは原資産の株価上昇が目立つスズキ<a href="https://web.fisco.jp/platform/companies/0726900?fm=mj" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><7269></a>コール109回 8月 4,850円を順張り、クボタ<a href="https://web.fisco.jp/platform/companies/0632600?fm=mj" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><6326></a>コール70回 9月 2,050円を順張りで買う動きなどが見られる。
08/08 10:13

8/8の強弱材料

8/8の強弱材料
08/08 08:34

NYの視点:【今週の注目イベント】米7月CPI・PPI、8月ミシガン大消費者信頼感指数速報値など

今週は米国を始め、中国、フランス、ドイツなども消費者物価指数(CPI)の発表を予定しており、注目となる。
08/08 07:30

国内外の注目経済指標:7月米消費者物価コア指数は6月実績を上回る可能性

8月8日−12日週に発表される主要経済指標の見通しについては、以下の通り。
08/06 14:56

7月米雇用統計では平均時給の上昇率に注目か

5日に発表される7月米雇用統計では、非農業部門雇用者数は前月比+25万人程度、失業率は3.6%、平均時給は前年比+4.9%程度と予想されている。非農業部門雇用者数は6月実績の+37.2万人を下回る見込みだが、雇用情勢の悪化を示すものではないとみられる。ただし、平均時給の上昇率が市場予想を下回った場合、インフレ鈍化の思惑が強まり、ドル売り材料となる可能性がある。。
08/05 20:12

日本製鉄を対象とするコール型eワラントが前日比4倍の大幅上昇(5日10:00時点のeワラント取引動向)

手仕舞い売りとしては米ドルリンク債コール1370回 9月 137円、ソフトバンク<a href="https://web.fisco.jp/platform/companies/0943400?fm=mj" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><9434></a>プット74回 9月 1,450円、Inpex<a href="https://web.fisco.jp/platform/companies/0160500?fm=mj" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><1605></a>プット212回 9月 1,600円、コナミグループ<a href="https://web.fisco.jp/platform/companies/0976600?fm=mj" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><9766></a>コール94回 8月 8,400円などが見られる。
08/05 10:13

8/5の強弱材料

8/5の強弱材料
08/05 08:27

NYの視点:米7月雇用統計、健全な労働市場示唆か、FRBの利上げ計画正当化へ

米労働省が発表する最新7 月雇用統計で失業率は50年ぶりの低水準付近で推移、非農業部門雇用者数も前月比+25万人と、堅調な水準が予想されており、米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ継続計画を正当化すると見られる。
08/05 07:43

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7  次へ進む