ホーム > ニュース一覧 > IT・サイエンス > 宇宙技術・天体 > 宇宙航空研究開発機構(JAXA)(6)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)のニュース(ページ 6)

探査機「あかつき」、金星の雲に「巨大筋状構造」発見 原因も解明 神戸大など

神戸大学大学院理学研究科の樫村博基助教らの研究グループは10日、金星探査機「あかつき」による赤外線観測データから、金星を覆う雲(下層部分)に巨大な筋状構造を発見したことを発表した。
01/12 21:58

「はやぶさ2」タッチダウン予定は2月18~24日に リュウグウ表面に命名 JAXA

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は8日、今年初となる記者説明会で、小惑星探査機「はやぶさ2」の近況について3つの発表を行った。
01/10 12:00

地球温暖化対策の観測衛星「いぶき2号」の現在 JAXA

昨年、日本各地で続いた猛暑日、酷暑日による健康被害などや、記録的な豪雨による災害により多くの被災者を出したことは記憶に新しい。
01/07 09:00

JAXAと産総研、AIで衛星データを解析へ スパコン活用 地震予測等を迅速に

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は25日、産業技術総合研究所(産総研)と衛星データをAIで開発する研究に関する協定を締結したことを発表した。
12/27 21:27

PDエアロ、2.2億円調達 JAXA・東北大とも連携 19年の宇宙飛行実現目指す

PDエアロスペース(愛知県名古屋市)が2019年の宇宙飛行実現に向けて体制強化を発表した。
12/26 21:11

「しきさい」、観測データの提供開始 JAXAが説明会開催(2/2)

一方「しきさい」の観測データを活用する予定である、海洋研究開発機構(JAMSTEC)統合的気候変動予測研究分野、立入郁(たちいり かおる)分野長代理、気象庁地球環境・海洋部環境気象管理官付、福山幸生(ふくやま ゆきお)化学データ同化技術開発推進官、ウミトロンの藤原 謙(ふじわら けん)代表取締役は、「しきさい」の観測データに期待すること等について説明した。
12/23 07:26

「しきさい」、観測データの提供開始 JAXAが説明会開催(1/2)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発し2017年12月に打ち上げた、気候変動観測衛星「しきさい」(GCOM-C)は、約1年間かけて初期校正検証を行ってきた。
12/23 07:03

インテグリカルチャーと東京女子医大、細胞培養技術で宇宙開発の食料問題解決を目指す

細胞農業が普及する世界の実現を目指すインテグリカルチャーと東京女子医科大学は20日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙探査イノベーションハブが実施する研究提案プログラムに、両者の研究が採択されたことを発表した。
12/21 11:24

「水」を含む小惑星17個を新たに発見 地球の「水」の起源か 神戸大など

神戸大学大学院理学研究科 惑星科学研究センターの臼井文彦特命助教らの研究グループは17日、小惑星帯にある66天体のうち17個の小惑星に水が含まれていることを発見したことを発表した。
12/18 18:08

小惑星「リュウグウ」には砂がない 地上探査機「ミネルバ2」が解明 JAXA

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は13日、小型探査ロボット「MINERVA-II(ミネルバ2)」についての説明を行った。
12/15 10:26

米惑星探査機オシリス・レックスが小惑星ベンヌから水の成分を発見

米航空宇宙局(NASA)は11日、宇宙探査機オシリス・レックスが、小惑星ベンヌに存在する粘土鉱石の内部から水の成分を検出したと報告した。
12/12 21:46

JAXAの探査機「あかつき」、金星軌道投入から3周年 ミッションは燃料が尽きるまで

金星探査機「あかつき」は7日、2015年12月7日の金星軌道投入から3周年を迎えた。
12/08 12:39

NASAの探査機、小惑星「ベンヌ」上空に到着 宇宙の謎解くヒントに期待

米航空宇宙局(NASA)は3日(日本時間4日)、米国版“はやぶさ”ともいわれる小惑星探査機「オシリス・レックス(OSIRIS-REx)」が、小惑星「ベンヌ」の上空に到着したと発表した。
12/04 18:53

イプシロンロケット、19年1月17日に打ち上げへ 革新的な実証実験行う初の試み

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は30日、イプシロンロケット4号機の打ち上げを2019年1月17日に実施すると発表した。
12/01 11:48

JAXA、日本初の技術が詰め込まれた回収カプセルを公開

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は27日、茨城県の筑波宇宙センターにて、国際宇宙ステーション(ISS)からの資料回収に成功した日本初の回収カプセルを報道陣に公開した。
11/28 15:57

深宇宙を旅する探査機、その通信方法とは JAXAの新深宇宙探査用地上局

「深宇宙」とは、電波法によれば、『地球からの距離が200万キロメートル以上である宇宙』のことを言う。
11/27 22:05

ISSから帰還した小型回収カプセル タンパク質回収手段として有効と実証

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は19日、国際宇宙ステーション(ISS)より小型回収カプセルを用いて運搬したタンパク質資料について、損傷等がなく、無事回収に成功していたことが分かったと発表した。
11/20 22:05

超低高度衛星「つばめ」ミッション始動から約1年 その軌跡と可能性

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の公式ツイッター「@JAXA_jp」で、7月から毎月地球上のどこかの画像を「ここどこだ?」と、クイズ方式で掲載している。
11/18 10:09

福井県立高校の生徒らが開発したサバ缶、JAXAの宇宙食に認証

福井県立若狭高校の生徒が開発した宇宙食が、JAXAの正式な「宇宙日本食」として認証された。
11/13 20:57

「こうのとり7」ミッション完了 大気圏再突入と回収カプセルの回収に成功

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11日、宇宙ステーション補給機「こうのとり」7号機が無事大気圏再突入を完了し、10時25分に「こうのとり7」から分離した小型回収カプセルの回収に成功したと発表した。
11/12 17:49

JAXAによる「はやぶさ2」の説明会 見えて来た課題

8日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、小惑星探査機はやぶさ2の運用状況について説明会を行った。
11/09 21:01

JAXA、電動航空機に関する活動進める

JAXAが航空機の電動化に向けた活動を進めている(JAXAの航空機電動化(ECLAIR)コンソーシアムページ)。
11/08 22:46

人工衛星を大規模防災訓練に活用 災害時の対策活動を効率化 JAXA

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5日、国土交通省が実施する大規模津波防災総合訓練で人工衛星だいち2号を利用した訓練を実施したと報告した。
11/08 08:51

JAXA、「きぼう」での対流実験により熱コレ2018で最優秀動画賞を受賞

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、10月20日~21日に日本機械学会主催で開催された「熱工学コンファレンス2018」(会場: 富山大学)にて行われた「熱工学コレクション2018」において、「マランゴニ対流」実験の成果発表により最優秀動画賞を受賞した。
11/07 21:19

「こうのとり」7号機のISSから分離、小型回収カプセルの帰還日をJAXAが発表

今回日本では初となる、国際宇宙ステーション(ISS)からの物資回収技術を、宇宙ステーション補給機「こうのとり」7号機に搭載されている、⼩型回収カプセルを使って実証することになっている。
11/05 08:31

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  次へ進む