スカパーやJAXA、宇宙ステーションにスタジオ開設へ

2019年11月9日 09:12

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 スカパーJSATなどが、国際宇宙ステーション(ISS)内に宇宙放送局(スタジオ)を開設することを発表した日経新聞)。

 スカパーJSATがコンテンツの企画・制作などを行うバスキュールおよび宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同で行うもので、2020年にまずISSの日本実験棟「きぼう」からの双方向ライブ配信を実現するという。続いて20201年にはAR/VRを使った映像配信やきぼう船外からの超高画質放送配信を計画しているようだ。

 宇宙を活用してコンテンツ力を高めるのが目的で、JAXAの研究開発プログラム「宇宙イノベーションパートナーシップ」の一環として行われる。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | テクノロジー | テレビ | 宇宙

 関連ストーリー:
NASA、ISSから見た地球の姿をストリーミング配信開始 2009年03月16日
JAXA、ローソンの「からあげクン」を「Pre宇宙日本食」に認定 2019年10月31日
国際宇宙ステーション船外からのファクトチェック 2019年10月22日
国際宇宙ステーションで牛肉の培養実験が成功 2019年10月11日
宇宙飛行士がISSから不正アクセス、宇宙空間初の犯罪事件か? 2019年08月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードVR宇宙航空研究開発機構(JAXA)国際宇宙ステーション(ISS)