ホーム > ニュース一覧 > IT・サイエンス > 宇宙技術・天体 > 宇宙航空研究開発機構(JAXA)(4)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)のニュース(ページ 4)

はやぶさ2、MINERVA-II2を分離

10月3日、JAXAの小惑星探査機「はやぶさ2」から小型ローバ「MINERVA-II2」の分離が行われた。
10/04 18:48

H-IIBロケットの発射台火災原因、調査結果が公表

9月13日に種子島宇宙センターのH-IIBロケット8号機移動発射台で付近で火災が発生するトラブルが発生したが(過去記事)、この火災についての調査結果が公表された。
09/25 18:35

JAXA、NASAの有人月面探査「アルテミス計画」に参加へ

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は24日、米国航空宇宙局(NASA)との共同声明を発表し、2024年に予定されているアメリカ主導の有人月面探査ミッション「アルテミス計画」に参加することを明らかにした。
09/25 11:38

鉄が豊富な小惑星表面に含水鉱物が存在するのは天体衝突の結果か 神大などの研究

太陽系誕生直後には微惑星同士の衝突が頻発したと考えられている。
09/18 08:44

JAXAなど、火星の衛星を微生物汚染から守るためのルール案を作成

火星にはフォボスとダイモスという二つの衛星があり、この二つの星には、微生物が存在する可能性があるとされている。
09/08 18:31

銀河団中心部は予想以上に"熱い"か 惑星分光観測衛星「ひさき」による観測

JAXA宇宙科学研究所は9月2日、惑星分光観測衛星「ひさき」による銀河団観測から、銀河団中心では、冷却されたガスの量が理論的予測よりも少ないことが分かったと発表した。
09/06 21:45

JAXAやミサワホーム、南極で「移動基地ユニット」の実証実験

8月26日、JAXA、国立極地研究所(極地研)、ミサワホーム、ミサワホーム総合研究所(ミサワ総研)から「南極移動基地ユニット」実証実験に関する情報が公表された。
08/28 08:35

小惑星リュウグウは2種類の物質で構成 はやぶさ2プロジェクトで明らかに

宇宙航空研究開発機構(JAXA)が運用する「はやぶさ2」探査機が調査を続ける小惑星リュウグウ。
08/26 20:22

小惑星リュウグウに「おむすびころりんクレーター」誕生

JAXAは22日に開催した記者説明会で、小惑星探査機はやぶさ2が小惑星リュウグウで作った人工クレーターに「おむすびころりんクレーター」という愛称を付けたことを発表した。
08/24 18:25

H3ロケット用ブースタSRB-3の地上燃焼試験、8月28日に実施 JAXA

JAXAは21日、H3ロケット用の固体ロケットブースタ「SRB-3」の地上燃焼試験を、8月28日に種子島宇宙センターで実施することを発表した。
08/23 07:56

惑星協会のソーラーセイル実証機「LightSail-2」、太陽光による軌道変更に成功

惑星探査を推進する米NPOの惑星協会は、6月25日に打ち上げたソーラーセイル実証機「LightSail-2(ライトセイル2号)」が、地球周回軌道上で太陽光を推力とした軌道変更に成功したことを発表した。
08/15 18:07

地球外天体からのサンプル回収、アポロ11号からMars 2020へ

1961年5月にケネディ大統領が国民に向けて発した「1969年の終わりまでに人間を月面に着陸させる」という壮大なミッションは、1969年7月24日にアポロ11号によって見事達成された。
08/15 14:06

人工衛星「つばめ」から九州新幹線「つばめ」撮影のコラボ企画

JR九州の九州新幹線「つばめ」と宇宙航空研究開発機構(JAXA)の人工衛星「つばめ」とが、つばめ繋がりでコラボ企画を始動させる。
08/15 12:16

ゴミと思われていた光源、実は新種の天体だった 東京都市大らの研究

宇宙に存在する物質のうち5%程度が、我々が知っている、原子や分子で構成されたいわゆる“普通の物質”「バリオン」だ。
08/02 16:04

はさぶさ2、2回目のタッチダウンに成功

JAXAの小惑星探査機「はやぶさ2」が、小惑星「リュウグウ」への第2回タッチダウンに成功した。
07/13 09:38

7月に南カリフォルニアで発生した強い地震による地表の変化を調査 NASA

7月4日、5日の両日、アメリカカリフォルニア州南部をマグニチュード6.4と7.1という大規模地震が襲った。
07/11 07:38

「ソーラーセイル」がもたらす宇宙航行革命 

SpaceXは、「Falcon Heavy」ロケットを6月24日(現地時間)、フロリダから打ち上げる予定だ。
06/21 12:11

はやぶさ2、再度の着陸をすべきか 応援メッセージとともに意見募集

リュウグウが太陽に近づき7月初旬の着陸期限が迫る「はやぶさ2」だが、二度目の着陸を実施すべきか/すべきでないかについて、宇宙NPOの日本惑星協会が応援メッセージの募集を開始した(募集ページ、毎日新聞)。
06/19 22:46

「JAXAベンチャー」天地人、衛星用いたデータ解析で土地の価値を最適化

「JAXAベンチャー」として認定され、JAXA職員らが設立した「株式会社天地人」(東京都港区)が、5月27日に始動した。
06/19 21:23

「ガンプラ」を宇宙へ!? 五輪開催に向けJAXAと東大が新たな応援企画

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と東京大学は15日、アニメ『機動戦士ガンダム』の「ガンプラ」を搭載した超小型衛星を打ち上げるプロジェクトを発表した。
05/16 22:00

死の谷の問題を解決 宇宙機用の多品種少量の半導体生産に成功 JAXAと産総研

優れた技術でありながら、それが製品化につながらないのが「死の谷の問題(デスバレー)」。
05/13 18:32

史上初、小惑星「イトカワ」から採取の微粒子より直接水分を検出 米大学

研究者たちの間では、太陽系の小惑星に水分が存在するという認識は一般的なものになっている。
05/02 19:27

はやぶさ2、4月5日の衝突体発射による人工クレーター生成成功を確認

JAXAは25日、小惑星探査機「はやぶさ2」が4月5日に実施した衝突装置運用による、小惑星リュウグウ表面での人工クレーター生成成功を発表した。
04/27 21:13

太陽観測ロケットCLASP2の打ち上げ成功、コロナのメカニズム解明に期待 JAXAら

宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所と国立天文台は23日、太陽観測ロケットCLASP2の打ち上げに成功したと発表した。
04/24 21:01

JAXAや理研など、4月20・21日に春の研究所一般公開

JAXAや理化学研究所などの5研究所が、毎年恒例の春の般公開を行う。
04/20 08:25

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9  次へ進む