JAXA、ローソンの「からあげクン」を「Pre宇宙日本食」に認定

2019年11月1日 09:06

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 JAXA(宇宙航空研究開発機構)は栄養成分や1年半の保存試験などの検査結果が基準値を超えるものを宇宙日本食として認証している。また、賞味期間が1年半に満たないものについては、「Pre宇宙日本食」という認定も行っている。この「Pre宇宙日本食」として、ローソンの「スペースからあげクン」が認定された(朝日新聞)。

 ローソンは以前より宇宙日本食の認定を受けるべく活動を行っていた

 「スペースからあげクン」は「からあげクン レギュラー味」をもとに、唐揚げの細かい粉が散らないように一口大にし、凍結乾燥(フリーズドライ)したもの。「スペースからあげクン」は、11か月の保存試験に合格したため、「プレ宇宙日本食」として認められたそうだ。また、18か月の保存試験に合格すれば、「宇宙日本食」として宇宙ステーションに持ち込めるようになるようだ。なお、店頭販売の予定は無いという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | JAXA | ニュース | 宇宙

 関連ストーリー:
JAXA、疑似宇宙空間体験者を再募集 2016年01月09日
40 ℃でも溶けないチョコレート 2012年12月05日
宇宙食のお値段高騰中、現在1日分で約4万円 2010年10月25日
宇宙日本食「レトルトカレー」が一般販売される 2007年11月03日
ハウス食品が「宇宙食カレー」を開発 2007年03月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードローソン宇宙航空研究開発機構(JAXA)

広告

広告

写真で見るニュース

  • 純正パーツを装着したホンダ・S2000(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • ホンダ「S2000」純正バーツ装着イメージ。(画像: ホンダアクセスの発表資料より)
  • 新型アコード。(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース