DNAのニュース(ページ 7)

久保雅裕氏がゲストと業界本音トーク SMART USENで新番組

 ファッションビジネス業界のウェブメディア「ジュルナル・クボッチ」の編集長兼杉野服飾大学特任准教授の久保雅裕氏が、USEN(東京、田村公正社長)が運営する音楽情報アプリSMART USENで、新番組「ジュルナルクボッチのファッショントークサロン」を8月10日から配信する。
08/10 15:27

理研ら、DNAが規則正しく織り畳まれていないことを証明

生物のゲノムDNAは、全長2mにもなるものが折りたたまれることで、細胞内に収められている。
08/02 11:27

サルバドール・ダリ、娘と主張する人物のDNA鑑定のため遺体掘り起こし

1989年に死去した画家・サルバドール・ダリの遺体が7月20日、墓から掘り起こされたという。
07/24 21:23

動画データを大腸菌のDNAに格納 読み出して再生 ハーバード大など

ハーバード大学などの研究チームが生きた大腸菌のDNAに動画データを格納し、それを読み出して動画を再生することに成功したそうだ。
07/16 10:12

細菌検査市場は装置による検査の伸びが堅調

富士経済は、臨床検査市場を構成する検査分野うち、病気の原因となる細菌を検出する細菌検査、ウイルスや細菌などのDNAなどを検出する遺伝子検査、採取した臓器や組織、細胞などを顕微鏡下で診断する病理検査の国内市場を調査した。
07/04 08:22

免疫疾患発症のリスクを可視化 免疫機能の個人差に関わる遺伝子カタログ

近年、ゲノムワイド関連解析(GWAS)によって免疫疾患発症に関与するDNA多型(リスク多型)が多く同定されている。
06/15 11:52

400光年の彼方で「生命の元」が見つかる

南米チリにあるアルマ電波望遠鏡によって、へびつかい座の方向約400光年の距離にある宇宙の塵の中に、有機化合物「イソシアン酸メチル(C2H3NCO)」が発見されたことを国際研究チームが明らかにした。
06/12 07:31

宇宙放射線にさらされたマウスの精子、DNA損傷も出産率や子のDNAに影響なし

宇宙空間で長期保存した精子は強い宇宙放射線の影響で遺伝子の損傷が起きやすいとされている。
05/27 20:52

切断されたDNAを修復するメカニズムが解明 東大の研究

これまでよく分かっていなかった、DNAが切断された際にそれを正確に修復する働きを、Ctf4というタンパク質が持っていることを、東大の研究グループが明らかにした。
05/22 08:00

人工細胞中のDNAをコンピュータとして駆動させることに成功

東京工業大学などの研究グループは、人工の細胞の中のDNA分子にコンピューティングを行わせ、その出力結果の分子を電気情報として検出することに成功した。
05/17 08:52

前へ戻る   2 3 4 5 6 7