安価なDNA検査サービスに犬のDNAを送ると結果はどうなる?

2018年5月10日 18:05

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 一時日本でも話題になった民間によるDNA診断サービスに犬のDNAを送ってみたところ、興味深い結果が帰ってきたという(INTERNET Watch)。

 NBC Chicagoに掲載されたとあるリポーターの記事によると、ORIG3N社の「SUPERHERO」という遺伝子検査キットを使ってメスのラブラドール・レトリバーの遺伝子を採取してDNA診断を申し込んだところ、このDNAが犬のものであることは見抜けず、「筋力が優れておりボクシングやバスケットボールのような瞬発力が必要な競技に向いており、また自転車やランニングのような耐久力が必要な競技に向いた心肺能力もある」という診断結果が帰ってきたという。

 記事では、現時点では遺伝子診断にはまだ多くの課題があり、多くの遺伝子診断サービスは不確実な結果を返す可能性があることや、こういったサービスは実用的ではないだけでなくときには有害な結果を返すこともある、という専門家のコメントも掲載されている。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス

 関連ストーリー:
DNA検査のために収集した遺伝子情報を使って広告を出す試みが行われている? 2015年09月14日
DeNA、遺伝子検査サービスを8月12日より提供開始へ 2014年07月30日
異なる3つの業者に依頼したDNA検査、その結果は業者ごとに異なるものに 2014年01月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード遺伝子DNA

広告

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース