政府、70歳までの雇用を推進へ 「75歳定年」も視野に

2019年2月21日 23:03

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 政府が「70歳までの就業機会確保」について将来の義務化を検討するという(時事通信)。

 少子高齢化によって社会保障費用の増大が見込まれており、そのため高齢者にも労働を求めたい方針。とはいえ、当面は「努力義務」になるようだ。

 65歳から69歳までの就業者が増加すると消費や公的年金の保険料収入が増加するという予測も出されているという。さらに、75歳までの雇用年齢引き上げも検討されており、70〜74歳男性の就業率を現状の32%から84%まで引き上げ可能とという試算も提示されているそうだ(ロイター)。

 スラドのコメントを読む | 日本 | ビジネス

 関連ストーリー:
定年が65歳以上の企業は17.8% 2018年05月23日
政府、公務員の定年を65歳にまで延長する方針 2017年09月05日
150 歳まで生きられる世界とは? 2011年10月19日
厚生労働省、「65歳までの雇用義務付け」を提言 2011年06月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード雇用高齢者社会保障年金

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_economy

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース