1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > ライフ
  4.  > お金・マネー
  5.  > 年金(1)

年金のニュース一覧

副業に関する興味・関心は、近年加速するばかりであり、実際に副業を始める人がここ数年で大きく増加した。 09/17 15:22

金融庁(の審議会)が算出した「老後に必要な資金2000万円」説が、「年金問題」と表裏一体化し物議を醸したことは記憶に新しい。 08/06 19:36

エトリアが「定年後の再雇用」について調査を実施。定年後も働いている65%。働き続ける年齢は70歳までが60%。年収は200~400万円が39%。老後資金に不安43%。希望年収は200~400万が36%で最多

人生100年時代、健康寿命も延び今の60代は元気だ。 07/17 09:03

ワイズローンが「貯金実態調査2019」を発表。貯金の平均額は317万円、中央値100万円。全体の53%が貯金100万円以下。50代が平均621万円で最高。貯金の目的は「老後の備え」59.6%で最多。

金融庁の年金2000万円騒動でにわかに老後のための資産形成が人々の関心を呼ぶようになった。 07/10 14:06

東京海上HD、通期連結純利益は前年比96億円減 国内損保の減益や再保険事業売却が影響

石黒大蔵氏:本日はありがとうございます。 06/25 08:40

金融庁の発表した「夫婦共に65歳から30年間生きると、老後資金が総額で2000万円不足する」という金融審議会報告書の試算が、話題になっている。 06/21 19:17

エアトリが「終身雇用」に関する調査を実施。「終身雇用制度」が無くなることに50.6%不安。全ての世代で終身雇用への「賛成」が「反対」を上回る。自分で決める定年は60~70歳が50.8%。

様々な理由から終身雇用制の廃止が議論されている。 06/07 09:17

金融庁の金融審議会は3日、公的年金に加えた”自助努力”の必要性を強調する発表を行い、波紋を呼んでいる。 06/07 09:02

最近ビジネスシーンでは、「VUCA」という用語が多く登場するようになっている。 05/31 08:35

エアトリが「公的年金」に関する調査を実施。受給年齢選択制の認知度は70代で96%、20代で7割。制度に「賛成」47%、「反対」12%。約3/4が「60代」での受給を希望。定年後にしたいこと旅行が9割。

人生100年時代と言われる。 05/27 09:50

あずさ監査法人が年金運用ガバナンスに関する実態調査を実施。年金担当は兼務者が8割以上。経営層への報告なし企業が4割。受給者利益優先取引の企業は3割にとどまる。ガバナンスに様々な課題。

先月、格付投資情報センターが主要企業約100社の「確定給付型」企業年金の2018年度運用利回りを推計した結果、利回り平均は1.4%であったと発表した。 05/07 08:13

画像はイメージです。

政府の働き方改革の中で高齢者の就業促進が提言されている。 04/29 19:43

日本各地のハローワークが個人番号を使って休職者の情報を照会する際に使用する「中間サーバー」の利用率が想定の0.1%と低い水準に止まっているという。 04/18 21:36

サラリーマンの妻が先物・FXや仮想通貨などの資産運用で年収が130万円を超えてくると、それに伴う支払わなければならないコストにより収益の多くを失ってしまいます。 03/15 11:09

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告