1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 東京大学(7)

東京大学のニュース(ページ 7)一覧

東芝は7日、2022年までに、社内のAI技術者を現在の750人から2,000人まで増強すると発表した。 11/11 17:32

19世紀のドイツの思想家カール・マルクスは、労働階級と資本階級との関係を「搾取」という言葉で形容した。 11/11 08:55

島根県宍道湖の年間漁獲量の推移。縦の点線で示した1993年にネオニコチノイド系殺虫剤が初めて使用された。(画像:東京大学発表資料より)

ウナギがいま絶滅の危機に瀕している、という話は耳にするようになって久しい。 11/06 07:43

今回の研究の概要(画像: 東京大学の発表資料より)

急性腎障害(AKI)は何らかの原因で腎臓の働きが急に悪くなる病気である。 11/04 21:39

統合失調症の発症メカニズム(写真:理研の発表資料より)

理化学研究所(理研)は10月28日、脳内で生み出される過剰な硫化水素が統合失調症に関連することを突き止めたと発表した。 11/01 18:47

研究で用いた浮遊性有孔虫30種。スケールバーは200μm。(画像:東京大学発表資料より)

浮遊性有孔虫という単細胞の動物プランクトンがいる。 10/26 16:25

光刺激による大脳皮質運動関連領域の機能マッピング。(画像:東京大学発表資料より)

コモン・マーモセットという霊長類を用いた実験で、大脳皮質運動野に光刺激を与えることで腕の運動を誘発することに成功した。 10/24 18:45

岐阜県舟伏山地域のP/T境界試料採取場所の露頭写真。点線で示した境界を挟んで連続的な試料が得られる貴重な場所である。(画像:東京大学発表資料より)

地球史上最大の大絶滅はペルム紀末に起こった。 10/21 06:24

ウィンドチャレンジャー搭載石炭船のシミュレーション画像(航行中の様子)。(画像:商船三井発表資料より)

温室効果ガスへの対策が叫ばれて久しい。 10/16 11:38

ムラサキイガイによるポリスチレンビーズ(90μm)の取り込み。上:曝露開始時、下:曝露1時間後。(撮影:鬼束 由梨)

現在、マイクロプラスチックは大きな環境問題となっている。 10/16 09:09

日本企業にとって、イノベーションは大きな課題であり続けている。 10/14 12:28

開発された「第3世代 走行中ワイヤレス給電インホイールモータ」。ユニットを搭載した実験車両(左)と構成図。(画像:東京大学発表資料より)

第3世代となる走行中ワイヤレス給電インホイールモータが開発された。 10/12 16:34

視床下部の摂食促進神経てあるAgRP神経を起点とした神経ネットワークにより空腹時に味覚が調節される。(画像:生理学研究所発表資料より)

空腹は最高の調味料であると古来言われる。 10/10 19:42

カルボニルストレスが引き起こすCRMP2の機能異常と統合失調症の発症メカニズム。(画像:東京大学発表資料より)

近年、統合失調症の発症メカニズムとしてカルボニルストレスが注目を集めている。 10/09 15:55

前へ戻る   2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12  次へ進む

広告

広告