1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > IT・サイエンス
  4.  > 研究・開発
  5.  > 産業技術総合研究所(産総研)(2)

産業技術総合研究所(産総研)のニュース(ページ 2)一覧

極端紫外線フェムト秒レーザーによる合成石英の熱影響評価と加工概念図(写真:産総研の発表資料より)

東京大学、早稲田大学、産業技術総合研究所(産総研)は23日、極端紫外線フェムト秒レーザーで合成石英への極めて熱影響の少ないレーザー加工を実現したと発表した。 10/25 08:15

ボタンヅルワタムシの虫こぶ。直径は約1センチメートル。(画像:東京大学台発表資料より)

アブラムシの仲間は植物に虫こぶを作り、そこを巣とする。 10/22 08:25

八重山津波発生原因の概念図。(画像:産業技術総合研究所発表資料より)

1771年、石垣島と宮古島を巨大な津波が襲った。 10/21 21:32

ZenmuTech(ゼンムテック)と産業技術総合研究所(産総研)とは協働して、データを無意味化したままで演算処理できる秘匿計算技術の開発を始める発表した。 10/16 17:50

産業技術総合研究所は10日、AIによる土石流検知センサーシステムを開発したと発表。 10/11 17:38

産業技術総合研究所(産総研)や名古屋大学の研究者らが、新潟県南西部の「糸魚川」地域での地質調査の結果をまとめた。 09/22 17:57

力学シミュレーションによる動作軌道の最適設計(写真:産業技術総合研究所の発表資料より)

産業技術総合研究所(産総研)ロボットイノベーション研究センターは10日、関係機関と分担して、「ロボット介護機器開発ガイドブック」を作成、介護ロボットポータルサイトで無償配布を開始すると発表した。 09/12 21:49

薬剤とタンパク質の相互作用部位の可視化例(写真:産総研の発表資料より)

産業技術総合研究所(産総研)人工知能研究センターは8月29日、2種類の深層学習を組み合わせて薬剤とタンパク質の相互作用を予測する手法を開発したと発表した。 09/02 10:02

サウジアラムコ社、産総研、マツダは協働で、「低CO2燃料の開発および当該燃料を使用する内燃機関の研究」を推し進める。表はWell-to-WheelとTank-to-Wheelの概念図

マツダは、サウジアラムコ社(Saudi Aramco)および日本の国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)と、内燃機関の効率化とCO2排出量低減の有効性検証に関する共同研究を開始すると発表した。 08/09 11:28

サマータイム導入の是非が議論されている中、産業技術総合研究所(産総研)が2011年に公開した「夏季における計画停電の影響と空調(エアコン)節電対策の効果(速報)」(過去記事)が再び注目されている。 08/09 11:24

今回作製したヒトインターフェロンβノックインニワトリ(写真:AIST発表資料より)

産業技術総合研究所(産総研)は9日、農業・食品産業技術総合研究機構(NARO)らと共同で、卵白に有用組換えタンパク質を大量に含む卵を産む遺伝子改変ニワトリを作製する技術を開発したと発表した。 07/11 12:00

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は28日、次世代人工知能(AI)技術の社会実装を目指す研究開発5テーマを採択したと発表した。 06/29 20:51

6月25日、世界スーパーコンピュータ性能ランキング「TOP500」およびエネルギー効率の高いスーパーコンピュータランキング「GREEN500」の2018年6月版が発表された。 06/27 23:23

アブラゼミ(左)オオセミタケ(右)セミタケ(下)。(画像:産業技術総合研究所発表資料より)

冬虫夏草はセミに寄生し、セミを栄養源にしてしまうキノコである。 06/19 11:28

前へ戻る   1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告