産総研、転倒防止機能を備えた「ロボット歩行車」を開発

2019年12月18日 08:45

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 産業技術総合研究所(産総研)が、転倒防止機能を持つロボット歩行車を開発したそうだ(サイエンスポータル産総研の発表)。

 歩行車は、足腰が不自由になった人向けの歩行補助器、車輪と手すりが付いており、体重を一部預けながら歩くことができる。しかし、既存の歩行車では利用者が歩行車から手を離して転倒したり、歩行車ごと転倒するリスクがあった。今回開発された試作機はバッテリーを搭載するもので、利用者の上半身を抱きかかえるような形で利用する。

 シミュレーションによって、「もっとも不安定な状態」でも転倒しないことが確認されており、また人形ダミーを使った実験でも転倒しないという結果が出たそうだ。

 今後量産モデルの開発を目指し、うまくいけば2021年2月までの実用化を目指しているとのこと。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | 医療 | ロボット

 関連ストーリー:
電源不要、税込14万9,600円のアシストスーツ 2019年11月01日
日本初の「穿くパワードスーツ」curara 2016年07月29日
高齢の労働者をロボットでサポート 2014年09月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードロボット産業技術総合研究所(産総研)

広告

広告

写真で見るニュース

  • 第59回ルマン24時間耐久レース優勝車 マツダ787B(画像: マツダ許諾済み)
  • 重力レンズ効果を受ける前のクエーサー「MG J0414+0534」の本来の姿 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), K. T. Inoue et al.
  • 太陽と地球と月。
  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース