ホーム > ニュース一覧 > 政治・社会 > 厚生労働省(6)

厚生労働省のニュース(ページ 6)

アース製薬、薬用せっけん「ミューズ」の販売から撤退へ

英Reckitt Benckiserグループが製造する薬用石けん「ミューズ」や食器洗い機用洗剤「フィニッシュ」について、日本での販売を行っているアース製薬がこれら製品の取り扱いをやめることが報じられている。
07/03 12:36

転職市場で副業ができる企業の人気が高まる理由

知っている人も多いかもしれないが、今後の労働力人口の減少なども考慮して、2018年1月に厚生労働省が副業・兼業の促進に関するガイドラインを発表した。
07/03 11:41

副業がまだまだ浸透しない理由 企業が認めないのはなぜか

厚生労働省が、副業・兼業の促進に関するガイドラインを作成したことによって、2018年は『副業元年』とも言われるようになった。
06/01 11:08

政府が副業推進に転じた理由

数年前まで、多くの企業は副業を禁止していた。
05/30 16:59

ノバルティスの白血病治療新薬「キムリア」、保険適用に 1回分で3349万円

厚生労働省が、ノバルティスの白血病新薬「キムリア」の保険適用を決めた。
05/16 21:34

教員の働き方改革、「長時間労働は当たり前」残業や部活指導も

公立の学校で勤務する教員は時間外勤務に対して手当が出ない。
05/16 08:56

3月の実質賃金、前年同月比2.5%マイナス

厚生労働省が10日発表した3月の毎月勤労統計調査(速報値、従業員5人以上)で物価変動の影響を除いた実質賃金、名目賃金(現金給与総額)ともに前年同月比で、それぞれ2.5%減、1.9%減のマイナスになったことがわかった。
05/12 09:59

クラウドソーシングでの副業は稼げるのか? メリットとデメリット

2018年、厚生労働省が副業・兼業の促進に関するガイドラインを作成した。
05/04 17:04

働き方改革における高齢者の就業促進と70歳超の年金受給開始の狙いは?

政府の働き方改革の中で高齢者の就業促進が提言されている。
04/29 19:43

深刻化する人手不足問題は副業解禁で緩和されるか

近年、人手不足が問題になっている。
04/24 11:48

補助金や助成金をうまく活用し、生産性や社員能力の向上を

21世紀に入って、我が国の社会はIT技術の発展や少子高齢化の影響もあって、大きく変化しています。
04/22 21:30

障がい者雇用、数・率ともに過去最高 法定達成企業割合は減少

現在多くの企業で働き方改革が取り組まれているが、その中で多様性の実現は大きなテーマの一つである。
04/22 09:32

夏の暑さ対策に“赤穂の天塩”入りコーラ 赤穂化成が発売

塩田製法の技法を生かした塩や海洋深層水を使った飲料の開発で知られる赤穂化成(兵庫県赤穂市)は15日、「赤穂の天塩(あましお)」入りのコーラ飲料を発売した。
04/15 19:27

スマホの使い方から集中力推定する技術 ドコモらが開発 適時の休息などに活用

NTTドコモは12日、慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室、文学部心理学研究室、および東京大学大学院工学系研究科人工物工学研究センターと共同で、スマートフォンの日常生活における使い方から持ち主の集中力を推定する技術を開発したと発表。
04/14 21:58

低収入の男性ほど性体験乏しい 少子化は雇用環境も一因か 東大の研究成果

過去20年間で、異性との性交渉を経験したことのない日本人の割合は増加し、特に無職や非正規労働の男性で割合が高い、とする研究成果を東京大学が8日、公表した。
04/09 13:00

男女の賃金格差、女性は男性の73% 改善傾向も足踏み状態に

近年、労働者の名目賃金は上昇傾向で推移している。
04/09 09:14

副業時代到来における成功の法則とは?

成功者はなぜ結果が出せるのだろうか。
03/23 17:14

乳児用の液体ミルク、「母乳が最良」である旨の記載が義務付け

法改正により、2018年8月より乳児用の液体ミルクの生産が可能になったが、消費者庁の規定ではパッケージに「乳児にとって母乳が最良である旨の記載」が義務付けられ、さらに「当該製品が乳児にとって最良であるかのように誤解される文章、イラスト及び写真等の表示は望ましくない」という要請もあるという(J-CASTニュース、Togetterまとめ)。
03/18 21:23

新しい働き方 副業・複業・兼業その違いは

「就職した会社を定年まで勤めあげる―」そんなワークモデルは、もはや過去の遺物と化しつつある。
03/13 21:00

日立、iPS細胞を大量自動培養できる装置を製品化 国内初

日立製作所(東京都千代田区)は11日、再生医療に使われるiPS細胞を大量に自動培養できる装置を日本で初めて製品化し、第1号機を大日本住友製薬(大阪市中央区)の再生・細胞医薬製造プラントに納入したと発表した。
03/13 16:19

iPS細胞から作った目の角膜移植、条件付きで了承

先日iPS細胞を使った脊髄損傷治療の臨床研究計画が厚生労働省によって了承されたが、このとき了承が持ち越しになっていたiPS細胞から作った角膜の人体への移植についても、条件付きで了承された。
03/13 00:02

中小・ベンチャーへの就職・転職という選択肢

来春卒業する学生らが対象となる企業の採用説明会が3月1日解禁され、人手不足を背景に学生優位の売り手市場が続いている。
03/11 10:49

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  次へ進む