職域でのワクチン接種申請 8日から受付開始

2021年6月8日 08:29

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 加藤勝信官房長官は7日の記者会見で企業や大学など職域での新型コロナワクチン接種の申請受付を8日から始める、と発表した。

 加藤官房長官は「新型コロナワクチンの職域接種については地域の負担を軽減し、接種の加速化を図っていくため、21日から企業や大学等において開始することを可能とすることとしている」としたうえで「この職域接種について8日から企業や大学などからの申請の受付を開始することとした」と述べた。

 加藤官房長官は「申請は企業や大学等が専用のWeb入力フォームに必要事項を入力する形で行ってもらう」とし「申請から接種までの流れを記載した資料については7日中に官邸と厚生労働省のホームページに掲載することとしている」と説明。

 また「職域接種の申請等に関する相談は河野太郎大臣室、各省庁に相談窓口を設置しており、業界・業種ごとに所管省庁で受ける」とした。加藤官房長官は「窓口の一覧も官邸や厚生労働省等のホームページで公表する。政府としては希望する全ての国民に安全で有効な新型コロナワクチンを1日でも早くお届けできるよう、各自治体とも連携しつつ、全力を挙げて取り組んでいく」と述べた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
ワクチン接種によるコロナ収束は8月20日。終息は9月9日。野村総研が試算
代々木公園でのPVはワクチン接種会場に転用
五輪に遂に「嫌悪感」、「もうコリゴリ」の声も

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード厚生労働省加藤勝信河野太郎

関連記事