1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 経済
  4.  > 景気(1)

景気のニュース一覧

2018年の景気見通しについて、回復すると考えている企業や個人が増えているものの、企業の人手不足や個人心理など懸念材料も少なくないことが分かった。 12/31 21:11

日本政策金融公庫の発表によると、従業者が10人未満や20人未満の小規模な企業でも、売上や採算が回復する傾向にあることが分かった。 12/22 11:05

隣の芝生は青く見えるものだ。 12/18 22:01

帝国データバンクは14日、17年の景気動向および18年の景気見通しに対する企業の意識調査結果を発表した。 12/15 18:27

(c) 123rf

内閣府は8日に発表した9月の景気動向指数(CI、2010年=100)で、基調判断を「改善を示している」に11カ月連続で据え置き、これにより、景気拡大が高度成長期の「いざなぎ景気」を超えて戦後2番目の長さとなった。 11/10 16:34

帝国データバンクが発表した景気動向調査によると、製造業や運輸・倉庫業を中心に、幅広い業界で景気が回復傾向にあることがわかった。 11/08 11:31

内閣府は10日、9月の景気ウォッチャー調査を発表した。現状判断指数は51.3と前月より1.6ポイント上昇。好不調の分かれ目となる50を9カ月ぶりに上回った。秋物商材の出だしが良好。訪日外国人の消費や株などの影響などで高額消費も堅調である。

内閣府は10日、9月の景気ウォッチャー調査を公表した。 10/23 16:18

内閣府は6日、8月の景気動向指数(CI)を公表した。 10/16 07:34

内閣府は3日、消費動向調査を公表。1年後の物価が上昇すると回答した人の割合は76.2%で前月比0.1%増加した。物価見通しの平均は1.8%で伸び率は鈍かった。

内閣府は3日、9月分の「消費動向調査」を公表した。 10/12 07:47

9月25日発表の政府月例報告によれば、日本経済は引き続き緩やかながら回復基調にあり、高度成長期の長期拡張「いざなぎ景気」を超えるとも言われている。しかし、その実感が伴っていない。その背景を「月例報告書」から分析する。

9月25日、内閣府は「月例経済報告」を公表した。 10/05 08:52

内閣府は9月8日、2017年8月の「景気ウォッチャー調査」結果を発表した。 09/16 20:29

2011年から続く建設業界の人材不足。特に若者の建設業界離れは深刻だ。建設業で人材不足が続けばオリンピック・パラリンピックや災害対応にも悪影響を及ぼしかねないため、人材の確保が急務だ。

2011年ころまでの雇用状況は、長引く不景気から企業側が有利な環境だった。 09/05 11:32

小笠原 隆夫

大和総研の試算では、残業時間の上限が月平均で60時間に規制されると残業代は最大で年8兆5000億円減少し、国民の所得が大きく減る可能性があるとの記事がありました。 08/28 11:33

日本生産性本部が26日に発表した新入社員対象の意識調査では、人並みに働き楽しく生活したいという現代の仕事観が垣間見えた。 06/27 07:50

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_economy

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告