1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 角野未智(1)

角野未智のニュース一覧

国際宇宙ステーション(ISS)「きぼう」日本実験棟に設置された「CALET(高エネルギー電子・ガンマ線観測装置)」(c) JAXA

早稲田大学は14日、銀河宇宙線中の炭素と酸素のテラ電子ボルト領域で、スペクトル硬化を観測したと発表した。 01/20 17:38

銀河の衝突で生じた潮汐力が星の材料であるガスを銀河外へと押し出す様子を示した想像図 (c) ESO/M. Kornmesser

国立天文台が運営するアルマ望遠鏡は12日、約93億年前の宇宙において、星の材料となるガスを失い続ける銀河を発見したと発表した。 01/18 08:45

はやぶさ2が撮影したリュウグウ表面 (c)JAXA

宇宙航空研究開発機構(JAXA)が運用する探査機「はやぶさ2」が探査した小惑星「リュウグウ」は、研究者が期待したよりも水の少ない天体であることが判明している。 01/12 09:36

太陽大気の構造 (c) 国立天文台/JAXA、NASA

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の次期太陽観測衛星「Solar-C_EUVST」が、米航空宇宙局(NASA)のHeliophysics(太陽物理学)ミッションに採択された。 01/08 17:26

初期宇宙で誕生する多数の子宇宙の想像図 (c)東京大学国際高等研究所

宇宙に存在する物質のうち、約85%を占めるダークマター(暗黒物質)。 12/29 08:54

土星の衛星「タイタン」の大気と内部の物質(画像:岡山大学の発表資料より)

太陽系には、土星の衛星である「タイタン」や木星の衛星「エウロパ」、「ガニメデ」、準惑星の冥王星など、主成分が氷の天体が存在する。 12/27 20:58

すばる望遠鏡が撮影した小惑星「1998 KY26」 (c) 国立天文台

小惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ(Ryugu)」からサンプルを採取して、10日(ハワイ現地時)に地球へとカプセルを帰還させた。 12/21 08:39

シミュレーション結果。プラズマ乱流の縦波的ゆらぎがイオンをより加熱(画像:東北大学の発表資料より)

太陽から吹きつける太陽風や、ブラックホールを囲む降着円盤を作る「プラズマ」。 12/19 16:55

豪州に落下したマーチソン隕石の試料から有機化合物を抽出した様子。水に浸し有機化合物を抽出する。(c) NASA's Goddard Space Flight Center/Eric T. Parker

小惑星探査機「はやぶさ2」は12月6日、小惑星「リュウグウ」から採取した試料を入れたカプセルを無事に地球へと帰還させた。 12/14 16:57

ISS内欧州実験棟「コロンバス」内に設置された国際商用実験サービス「ICE Cubes Facility」 (c)ESA/NASA

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療薬候補の1つである抗ウイルス薬「レムデシビル」。 12/09 08:23

喫煙と排尿障害との関連を示すアンケート結果(画像:横浜市立大の発表資料より)

日本人の8人に1人が患っているとされる「排尿障害」。 12/01 16:39

宇宙からのライブ配信によるカウントダウン映像の想像図 (c) KIBO宇宙放送局

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11月24日、バスキュール(東京都港区)と共同で、国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」に開設したスタジオ「KIBO宇宙放送局」での第2回番組配信を、12月31日から翌年1月1日にかけて実施すると発表した。 12/01 13:30

VERAを含む観測により作成された、天の川銀河と太陽系との位置関係を示した図 (c) 国立天文台

国立天文台水沢VLBI観測所らの研究チームは、天の川銀河の3次元立体地図を作成する「VERAプロジェクト」による観測成果をまとめた10本の論文を、日本天文学会欧文研究報告で発表した。 11/29 07:56

研究の概要(写真:理研の発表資料より)

感染症の治療に用いられる抗生物質への耐性をもつ病原菌の存在が、問題視されている。 11/27 18:36

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告