2020年1月新車販売、昨年までとは何かが違う 車名別販売ランキング

2020年2月9日 17:42

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

2020年1月新車販売で登録車トップになったトヨタ・ライズ(1万0220台)、兄弟車のダイハツ・ロッキー(3153台)ともに人気モデルに躍進した

2020年1月新車販売で登録車トップになったトヨタ・ライズ(1万0220台)、兄弟車のダイハツ・ロッキー(3153台)ともに人気モデルに躍進した[写真拡大]

写真の拡大

 日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国系自動車協会連合会による、2020年1月の新車販売データが出揃った。

 メーカー別・登録車販売台数(5ナンバー車と3ナンバー車の乗用車合計)は前年実績を大きく下回る19万2821台で、前年比88.5%だった。メーカー別でも前年実績をクリアしたのは、久々に登録車の新車「ロッキー」を投入したダイハツの5137台(前年比116.3%)とインプレッサが好調なSUBARUの8456台(157.1%)ともともと分母が小さい2社だけ。決算予想で高収益を発表したトヨタでも9万3518台(96.3%)だった。

 目を覆うばかりの販売実績だったのは、ホンダの1万9684台(65.4%)、日産の2万0121台(64.1%)だ。

 軽自動車に目を移しても、落ち込みは激しく、1月の軽乗用車販売台数は10万8373台(前年比86.9%)だ。前年実績を超えたのは日産とSUBARUで、皮肉にも自社生産を行っていない2社という結果だった。

 各社のモデル名別販売台数は、以下のとおり。昨年までと何科が変わり始めていると思える数字が並んだ。

  ■□2020年1月 国内新車販売ランキング□■

1)ホンダN-BOX     18,953台 (98.8%)*

2)日産デイズ     14,266台(105.4%)*

3)スズキ・スペーシア   12,411台(101.1%)*

4)ダイハツ・タント    12.322台(152.6%)*

5)トヨタ・ライズ    10,220台( ── )

6)ダイハツ・ムーヴ     8,957台(128.7%)*

7)トヨタ・カローラ     8,480台(129.2%)

8)日産ノート      7,529台 (65.8%)

9)トヨタ・シエンタ     6,831台 (79.4%)

10)日産セレナ      6,781台 (67.1%)

11)ホンダ・フリード     6,759台(100.9%)

12)トヨタ・プリウス     6,659台 (76.4%)

13)トヨタ・アクア     6,622台 (74.6%)

14)トヨタ・ルーミー     6,193台 (95.4%)

15)ダイハツ・ミラ     5,841台(105.7%)*

16)スズキ・アルト     5,636台(112.6%)

17)トヨタ・ヴォクシー    5,557台 (76.8%)

18)トヨタRAV4      5,549台 ( ── )

19)スズキ・ハスラー     5,537台(126.8%)*

20)トヨタ・アルファード    5,147台 (87.1%)

 ※カッコ内は前年同期比 *は軽自動車

 トップは相変わらずホンダN-BOXだが、ホンダ販売店はこの軽自動車1台に頼っている構図から脱却できない。2月の新型フィットの発売でいかに変わるか注視したい。それにしても第4位まで軽自動車が占めているのは何とも……。

 ところが登録車でトップに躍り出たのは、予想していたコトだが、トヨタ・ライズだ。兄弟車のダイハツ・ロッキーの3153台を合わせると1万3373台で、トヨタ製ハイブリッド専用車であるプリウスとアクアの2台合計1万3211台とほぼ同じ。新車販売ベスト3に入る。そのハイブリッド専用車、プリウスとアクアが揃ってベスト10から陥落したのもちょっとニュースといえそうだ。

 トヨタの新車販売を支えたのはダイハツ製のベーシックカー、ライズだったということである。消費者は軽自動車じゃ無い、5ナンバーで全長4m未満のベーシックモデル、しかも長距離ドライブは少なく、好燃費というハイブリッドのメリットを必要としないユーザーが大勢いたということである。トヨタは満を持して2月に発売するBセグメントの量販車「新型ヤリス」に大きな期待を寄せている。

 いっぽう、日産ディーラーの販売支えてきた3本の矢の2本、e-Power搭載2車、ノートとセレナが失速気味だ。完全に日産ディーラーは販売の糧を失いつつある。軽自動車のデイズを売っても利益はノートの半分以下でしかない。早急に新型車・目新しいメカ・新商品の投入がないと、販売の現場が立ちゆかなくなる。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
拡大する次世代パワー半導体市場に新たな動き。SiCパワー半導体の普及に追い風
国産Bセグメントに新型続々、先制したトヨタ・ヤリス、迎え撃つホンダ・フィット
中国、新車販売下落に歯止めがかからない、前年割れの昨年実績を下回る最悪の事態

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード本田技研工業トヨタ自動車ハイブリッド車カローラN-BOXダイハツ工業セレナ軽自動車スズキアルトタントムーヴハスラーフィット(小型車)アクア(トヨタ)プリウスインプレッサシエンタフリード(ホンダ)ヴォクシーノートRAV4デイズヤリスライズロッキー

広告