1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業・産業
  4.  > カローラ(1)

カローラのニュース一覧

「シエンタ」リコールの改善箇所説明図(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

トヨタ自動車は6月26日、「シエンタ」のハイブリッド車13万7,000台などを含むリコールを国土交通省に届け出た。 06/27 06:40

昨年の発表では2025年に実施するとしていた併売時期を最大で5年早めるトヨタ。全販売店ですべてのトヨタ車を取り扱う

トヨタ自動車は、昨年11月にブランドモデル販売店戦略として、より地域に根差した新たなモビリティサービスを提供することができる販売ネットワークの変革に取りくむと公表致していた。 06/25 08:39

既に海外では発表済みのトヨタの主力コンパクトカー「カローラ」が、いよいよこの秋に日本国内でも発売される。 06/14 20:06

先代プリウスの後付けした例、バンパーに装着した超音波センサーが障害物などを検知して衝突被害を軽減する

トヨタ自動車は、昨年12月より乗用車既存モデル5車種を対象とした後付けの踏み間違い加速抑制システムを発表した。 05/31 09:22

トヨタが2020年に販売を開始する中国向けEV「C-HR」(左)と「IZOA」

電動車発表ラッシュの上海モーターショー2019で、トヨタも市販を前提とした「C-HR」と「IZOA」の電気自動車(EV)を世界初披露した。 04/18 09:35

もっとも燃費がよかったクルマは、登録車でトヨタ・プリウス

国土交通省は、2018年末時点で販売されていた乗用車で、燃費の良い乗用車ベスト10を公開した。 04/08 08:46

2018年度、国内で販売された乗用車&商用車を含むすべての新車は、525万9506台で前年比1.2%の増加だった。写真はその牽引役である軽自動車「ホンダN-BOX」で、年度販売239,706台(前年比107.3%)だった

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会が4月4日に発表した統計資料で、2018年度の新車販売台数が分かった。 04/07 18:15

トヨタ、3Q累計の売上・営業益は増加も純利益は減少 引き続きコネクティッド/MaaS分野に注力

白柳正義氏:白柳でございます。 03/29 23:22

「トヨタ86」に特別仕様車 GT“British Green Limited”を設定、2月12日から5月31日まで期間限定で注文を受け付ける。価格は325万1880円(MT車)、331万8840円(AT車)

トヨタは、スポーツモデルの「86」に特別仕様車GT“British Green Limited”を設定し、全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店を通じて2月12日から5月31日まで期間限定で注文を受け付けると発表した。 02/14 09:47

90年代には6割以上だった「5ナンバー車」の国内乗用車シェア。2018年、遂に3割を割り込んだ

2000年まで国内新車販売の6割以上を占めた乗用車「5ナンバー車」のシェアが縮小している。 02/10 17:34

新会社「KINTO」のロゴ。(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

トヨタ自動車(愛知県豊田市)は5日、車の定額利用サービス(サブスクリプション)のための新会社「KINTO(キント)」を設立したと発表し、6日、東京都内でサービスを開始した。 02/06 18:15

今年の『新語・流行語大賞』が発表され、平昌オリンピックで銅メダルを獲得したカーリング女子の『そだねー』が年間大賞に選ばれた。 12/09 19:44

日本カー・オブ・ザ・イヤー「ボルボXC40」(画像: ボルボ・カー・ジャパンの発表資料より)

「2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー」が2018年12月7日に決定。 12/08 20:10

日本カー・オブ・ザ・イヤー「ボルボXC40」(画像: ボルボ・カー・ジャパンの発表資料より)

日本カー・オブ・ザ・イヤー(JCOTY)による「今年のクルマ」を決める「第39回2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー」は7日、東京都内で最終選考会が実施され、輸入車である「ボルボXC40」が受賞した。 12/07 21:43

 1 2 3 4 5  次へ進む

広告

広告