軽自動車のニュース一覧

シェアサイクルとEveryGoステーション(画像: 本田技研工業の発表資料より)

ホンダモビリティソリューションズは9日、ホンダのカーシェアサービス「EveryGo(エブリゴー)」において、シェアサイクルサービスおよび小田急電鉄のMaaS(Mobility as a Service)アプリとの連携を、2021年4月から開始すると発表した。 04/10 09:58

国土交通省は2022年5月以降の新型車に対し、運転時に自動車後方を確認するためのバックカメラ等の装置の装着を義務化する方針であるという。 04/05 18:02

20年12月、政府が50年のカーボンニュートラル実現へ向けて、「35年までに乗用車の新車販売を100%電動車とする」という目標を打ち出した背景には、電動化へ向けて加速化するEUや中国などの動きに乗り遅れまいとする切迫した想いだ。 04/03 08:40

日経新聞が日産と三菱自動車が2022年にも軽自動車クラスの電気自動車(EV)を発売すると報じている。 03/11 07:20

スズキ・ジムニーはインドで輸出専用モデルが生産されている(画像: スズキ発表資料より)

現在の海外のメーカーでは、軽自動車が生産されていない。 03/02 07:17

佐川がASFと共同開発している車両のイメージ。(画像: 佐川急便の発表資料より)

世界的に高まる環境問題への意識変革は、自動車産業を飲み込み始めた。 02/28 08:00

開発中の車両(画像: 出光興産の発表資料より)

16日、出光興産は全国に展開する約6400カ所の給油所をベースとして、実車販売やカーシェアリング事業を年内に開始すると正式に発表した。 02/19 16:48

全車にマイルドハイブリッドが搭載されているスズキ・スペーシア。(画像: スズキの発表資料より)

自動車業界で急速に進展している電動化の動きが、いよいよ軽自動車にまで波及してきた。 02/12 12:57

苦境が続く三菱自、国内ではピュア電動車の生産からも撤退、頼みの綱はPHEV 写真はアウトランダーPHEV

三菱自動車は2021年3月期の連結決算予想を2020年11月に公開した。 01/31 17:43

200mmワイドナビゲーション取り付けイメージ(画像:株式会社カナック企画発表資料より)

カナック企画は21日、ホンダ「N-BOX / N-BOXカスタム」「N-WGN / N-WGNカスタム」向けに、200mmワイドカーナビゲーション用カーAVインストレーションキット「TBX-H009」を発売した。 01/22 08:46

ホンダの販売するN-BOXが、2020年1月から12月に19万5984台を販売し、登録車を含む車名別新車販売台数で1位を獲得した。 01/15 08:33

スズキ、2Qは減収減益 経費削減に努めるもインドの四輪の売上高減が大きく影響

長尾正彦氏:私から決算のご報告をさせていただきたいと思います。 01/06 18:04

2020年に新発売されたHonda e(画像: Honda発表資料より)

2020年は世界的に暗い話題が多い年になったが、自動車業界に目を向ければ、印象的な変革が多かった。 01/04 09:11

eKクロス「G Plus Edition」(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)

三菱自動車工業は24日、2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤーの軽自動車部門である「K CAR オブ・ザ・イヤー」を受賞した「eKクロス」、「eKクロス スペース」に安全装備を充実させた特別仕様車「G Plus Edition」を設定した。 12/24 17:26

セレナ e-POWER ハイウェイスターV アーバンクロム(画像: 日産自動車発表資料より)

日産自動車は17日、ミニバン「セレナ」、軽自動車「デイズ」「ルークス」の計3車種に特別仕様を追加すると発表。 12/21 16:46

新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)

ホンダは20日、Nシリーズの一角を担う軽自動車「N-ONE(エヌワン)」の新型を発売した。 11/21 20:43

1年間に発売された車の中から、その年のイヤーカーを決める「2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤー」の開催が日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会から発表された。 11/01 20:51

サービス概要(画像: ナイルの発表資料より)

月額定額カーリース「おトクにマイカー 定額カルモくん」(以下、カルモ)を展開するナイルは10月30日、契約後に納車する新車の納車時期を、約4週間に短縮するサービスを開始した。 11/01 08:20

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

写真で見るニュース

  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
  • 2021年シーズン カラーリングマシン(本田技研工業の発表資料より)
  • ©Bernardo Ramonfaur/123RF.COM
  • ジャイロ e:(ロスホワイト)(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告