1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業・産業
  4.  > トヨタ自動車(1)

トヨタ自動車のニュース一覧

トヨタ各工場のメンバーが、4月上旬から自発的に製作を開始し、同社完成車向上などで活用してきた技術改善が活かして完成した、足踏み式消毒スタンド「しょうどく大使」

トヨタは現在のコロナ禍に対応し、「もっといいクルマづくり」を支える製造現場のモノづくりの力やTPS(トヨタ生産方式)を活かしたマスクやフェイスシールドの生産、飛沫循環抑制車両の開発、医療用防護ガウンの生産性向上支援などを行なってきた。 12/02 09:16

日経XTECH 「木村岳史の極言暴論!日本企業は「勝手にやっている現場の集合体」、だからDXは絶望的にうまくいかない」の記事は、筆者自身が言っているように誠に❝極言暴論❞だ。 11/29 16:50

(c) 123rf

米専門誌「コンシューマー・レポート」が発表した自動車ブランドの「信頼度ランキング」で、マツダがトップを獲得した。 11/25 08:30

■I.米国株式市場 ●1.米株式市況の推移  1)11/19、NYダウ+44ドル高、29,483ドル ・失業保険申請者数が予想を上回ったため、一時▲200ドル超下落したが、米議会で追加経済対策の協議再開の見込みと伝わり、景気回復の期待から買い優勢。 11/24 08:49

世界初公開となったSUBARU FRスポーツ、新型BRZ。2021年秋に米国販売を開始

SUBARUは、新型「SUBARU BRZ」(米国仕様車)を世界初公開した。 11/22 17:11

現在、「トヨタかんばん方式(欧米名:リーン生産方式)」は世界の製造業で取り入れられており、キヤノンが成功した「屋台(セル生産方式)」の応用も進んでいる。 11/21 17:09

現在でも「トヨタは造り方で世界をリードしている」ことを理解するには、現場で「カイゼン」作業を経験し、さらに俯瞰して決算数字に繋がる部分を理解しなければならない。 11/20 16:53

財務省は18日に発表しした貿易統計速報によると、10月の対米輸出が2カ月連続で増加した。 11/20 11:37

(c) 123rf

まず、Motor-Fan.jp『トヨタグループの底力:トヨタと他の赤字自動車会社とではどこが違ったのか? 危機対応能力の高さを支えている背景を分析する』を読んでほしい。 11/20 08:37

■I.米国株式市場 ●1.米株式市況の推移 1)11/16、NYダウ+470ドル高、29,950ドル ・ワクチンの普及で経済正常化の期待が強まり、景気敏感株を中心に買いが優勢となる 11/19 08:30

前は:これがトヨタの強さ『カシオ生産リードタイム短縮生産計画3カ月→2カ月』(1) ■生産リードタイムの短縮 生産リードタイムが短縮されるということは、完成品を含めて在庫が減っていることになり、保管に必要な「工場敷地代金、工場建屋建設費用」など資産勘定の大きな資産が削減されているが、損益に上ってきにくい資産であり、決算書で経理の知識だけでは見つけにくいのだ。 11/17 11:41

トヨタとLIXILが共同開発したモバイルトイレ(画像: トヨタ自動車発表資料より)

トヨタ自動車は14日、LIXILと共同で「モバイルトイレ」を開発したと発表。 11/16 09:07

クルマ(普通車)で牽引して必要な場所に設置できる移動型バリアフリートイレ「モバイルトイレ」、写真では分からないが牽引しているのはトヨタのSUV、ランドクルーザー・プラド

トヨタ自動車と住宅設備機器製品製造大手のLIXIL(リクシル)は、車いす使用者が外出先で安心して使える移動型バリアフリートイレ「モバイルトイレ」を共同開発したと発表した。 11/15 21:37

(c) 123rf

新型コロナウイルス感染拡大で、急激なショックに見舞われてみると、「生産リードタイム」の問題が大きくのしかかってきている製造業は多いはずだ。 11/13 16:23

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告