ホーム > ニュース一覧 > 企業・産業 > トヨタ自動車(1)

トヨタ自動車のニュース

相場展望1月17日号 岸田首相ばら撒き資金⇒小林虎三郎流教育投資⇒日本の高度成長再び⇒借金1,000兆円返済 米国FRB「雇用⇒インフレ抑制」に舵を切った

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)1/13、NYダウ▲176ドル安、36,113ドル(日経新聞) ・金融政策の早期正常化が進むとの警戒感から、ハイテク株と高PER(株価有益率)銘柄の売りが主導して下落した。
01/17 09:37

トヨタ、「GRMNヤリス」を初公開 東京オートサロンで 500台限定で販売

トヨタ自動車のスポーツブランドであるTOYOTA GAZOO Racing(以下、TGR)は、1月14日に開幕した東京オートサロン2022において、ヤリスのGRMN版を初公開した。
01/15 12:54

トヨタ、フルモデルチェンジした新型「ノア」「ヴォクシー」発売 新機能を多数搭載

トヨタは13日、4代目となるフルモデルチェンジした新型「ノア」、「ヴォクシー」を発売した。
01/14 11:50

相場展望1月13日号 米国株の懸念材料 (1) 政治 (2) 軍事 (3) インフレ (4) 金利 (5) オミクロン

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)1/10、NYダウ▲162ドル安、36,068ドル(日経新聞) ・米連邦準備制度理事会(FRB)が金融引き締めを前倒しするとの観測が、投資家心理の重荷で一時▲600近く下げたが、米長期金利の上昇が一服すると下げ渋った。
01/13 09:10

マツダのラージ商品群、基本骨格はフロントエンジン+後輪駆動

マツダの新製品ラインアップへの移行が今年2022年、本格的な展開が実施されそうだ。
01/07 08:31

トヨタ、独自の車載用OSを実用化へ 2025年以降に

日経新聞によると、トヨタ自動車は自動運転に対応する独自の車載用のOS「アリーン」を2025年以降に実用化する方針であるらしい。
01/06 11:25

相場展望1月6日号 新年お祝儀買い大幅高も、FOMC議事で冷や水 FOMC議事: 早期利上げ&FRB資産縮小が必要

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)1/3、NYダウ+246ドル高、36,585ドル(日経新聞) ・(1)米景気の回復基調が続くとの期待と、(2)年初で年金基金などの新規資金の流入を期待し、景気敏感株が上昇し、ハイテク株の一角も買われた。
01/06 08:34

2022年はEV車の普及が加速か その前には課題も山積

2021年は、自動車メーカー各社から数多くのEV車が発表され、消費者にとっては、EV車の選択肢が大きく広がった。
01/04 16:16

2022年の自動車業界、“半導体不足”懸念払拭への道は?

2021年、ITなど世界先端産業の最前線である生産現場を襲ったのは、グローバル規模の半導体不足だ。
01/03 11:46

熾烈なミッドサイズ・ミニバンセグメント

ここまで「Automobile Forecast 2022」とテーマを絞って検証した大きく「0-3」の4項目は、いずれも「クルマの電動化」にまつわる課題や問題点、いくつかの明るい見通しだ。
01/03 11:42

相場展望1月3日号 岸田首相で『日経平均は上がるか?』 主要中央銀行緩和縮小、世界株式上昇は踊り場

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)12/30、NYダウ▲90ドル安、36,398ドル(日経新聞) ・新型コロナ変異種「オミクロン型」の感染拡大が米労働市場に悪影響を及ぼすとの懸念がやや薄れ、消費関連株を中心に買いが先行し一時+190ドル高となる。
01/03 09:28

2022年EVの注目点は ターニングポイントはあるか?

2021年12月14日、トヨタが「バッテリーEV(BEV)戦略に関する説明会」と銘打った記者会見を急遽都内で開催した。
01/02 17:13

EV戦略・開発に踊る自動車業界 2022年はどうなる、何処へ向かう?

2021年、自動車業界、自動車各社はコロナ禍とサプライヤーからの部品供給の停滞、半導体不足に振り回されるなか、世界的なカーボンニュートラルへの要求に応える恰好で、クルマの電動化への取り組みをキーワードに各社、さまざまな新規事業への投資計画や開発計画を発表した。
12/31 09:33

豊田社長の「BEV拡大計画」が物語る、全固体電池量産化の新たなステージ

3月15日の企業・産業欄に、『EV用電池として有力視される全固体電池、対応企業はどこか!?』と題する記事を投稿した。
12/28 16:33

トヨタ、購入済みの車をアップグレードする新サービス

トヨタ自動車は21日、購入済みの車両の装備やソフトウエアを最新の状態に更新するサービス「KINTO FACTORY」を開始すると発表した。
12/28 08:55

ヤマハ発動機、生活様式の変化で追い風 高収益体質の基幹事業の更なる発展でトップライン向上を目指す

野田武男氏(以下、野田):それでは、ヤマハ発動機のご説明をさせていただきます。
12/27 21:56

トヨタ、超小型BEV「C+pod」を個人向けにも発売 リース契約で

トヨタは23日のプレスリリースで、超小型BEV「C+pod(シーポッド)」を法人や自治体、個人を対象に販売することを発表した。
12/27 12:09

トヨタ、プロボックスを一部改良 価格抑えた新グレード「GX」をHV車に設定

トヨタは22日、商用車として人気が高いプロボックスの一部改良を行うとともに、ハイブリッド車には新グレード「GX」を設定して22年1月6日に発売すると発表した。
12/24 10:50

相場展望12月23日 日経平均は閑散相場のなか、超短期筋の独壇場 仕掛けに殺到、「2日間急騰、次の2日間急落」

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)12/20、NYダウ▲433ドル安、34,932ドル(日経新聞) ・世界的に新型コロナ変異株「オミクロン型」が感染拡大し、行動規制強化による景気減速への懸念が高まり、国内外の景気の影響を受ける景気敏感株が売られた。
12/23 08:42

トヨタ世界生産、部品調達に一定の目途 1月生産は80万台規模

新型コロナウイルスの感染拡大で東南アジア系サプライヤーからの部品調達が滞り、日本自動車の2021年8月以降の生産が不安定になっていた。
12/21 08:51

相場展望12月20日 世界主要4中央銀行、『金融引き締め』に舵切る 『金利上昇』『市中の資金回収・縮小』へ身構える

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)12/16、NYダウ▲29ドル安、35,897ドル(日経新聞) ・12/15の米連邦公開市場委員会(FOMC)で米連邦準備制度理事会(FRB)が金融引き締めに前向きな「タカ派」姿勢を示したことが改めて警戒され、ハイテク株を中心に売りが出た。
12/20 08:43

トヨタの本気度、バッテリーEV 2030年350万台 4兆円のEV研究開発投資

世界トップの自動車会社トヨタが、年も押し迫った2021年12月14日、都内で記者会見を開催した。
12/19 17:33

トヨタ、EV「世界販売目標30年までに350万台」表明

「トヨタ、EV投資4兆円」、「世界販売目標8割増350万台30年までに」と日経12月15日の1面トップに掲載された。
12/17 07:44

相場展望12月16日 米国、テーパリング早期完了⇒「利上げ」へ 日本株、年末までに資金化し、調整に備える?

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)12/13、NYダウ▲320ドル安、35,650ドル(日経新聞) ・新型コロナ変異種「オミクロン型」の感染拡大への警戒感から、景気敏感株を中心に売り優勢となった。
12/16 09:16

 1 2 3 4 5 6  次へ進む