1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業・産業
  4.  > セレナ(1)

セレナのニュース一覧

トヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

2020年8月の国内新車販売台数において、軽四輪車が前年同月比11.8%減となり、7月の同1.1%減からさらに落ち込んでしまった。 09/10 16:59

日産「ノート」e-POWER MEDALIST (画像: 日産自動車の発表資料より)

10年程前、トヨタ、ホンダ、日産3社のハイブリッド車レベルに関する筆者の印象は、「ダントツ首位のトヨタ」、「周回遅れの2位ホンダ」、「2位の背中が次第に遠ざかる日産」だった。 07/09 06:59

2020年1月新車販売で登録車トップになったトヨタ・ライズ(1万0220台)、兄弟車のダイハツ・ロッキー(3153台)ともに人気モデルに躍進した

日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国系自動車協会連合会による、2020年1月の新車販売データが出揃った。 02/09 17:42

SKYLINE 400R SPRINT CONCEPT(写真:日産自動車の発表資料より)

日産自動車、オーテックジャパン、ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)の3社は12日、2020年1月10日(金)~12日(日)に千葉・幕張メッセで開催される、東京オートサロン2020の出展概要を発表した。 12/13 18:39

東京モーターショーと連携してトヨタがMEGA WEB会場で開催するFUTURE EXPOにおいて、新型FCV「MIRAI Concept」を初公開する

「東京モーターショー2019」を10日後に控えて自動車各社の情報が洩れ伝わってきた。 10/14 18:21

セレナ e-POWER ハイウェイスターV。(画像: 日産自動車の発表資料より)

苦悩に「のたうち回り」始めた日産。“ギンギラギン”のフェイスで日産・セレナ再登場だが、現代は「威嚇」の時代のようだ。 08/07 20:46

フォルクスワーゲンの「We Share」。(画像: フォルクスワーゲンの発表資料より)

これからのカーライフの主流は、EV(電気自動車)のシェアかもしれない。 07/03 12:00

2018年度、国内で販売された乗用車&商用車を含むすべての新車は、525万9506台で前年比1.2%の増加だった。写真はその牽引役である軽自動車「ホンダN-BOX」で、年度販売239,706台(前年比107.3%)だった

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会が4月4日に発表した統計資料で、2018年度の新車販売台数が分かった。 04/07 18:15

デイズハイウェイスター(画像: 日産自動車の発表資料より)

日産自動車は28日、軽自動車「デイズ/デイズハイウェイスター」を5年9カ月ぶりにフルモデルチェンジして全国一斉に発売することを発表した。 03/28 20:24

「e-POWER」を搭載したクロスオーバーコンセプト「IMQ」を世界初公開、同時に「リーフ」の使用済みバッテリーのセルを再利用した蓄電池Nissan Energy Roam発売

日産自動車は3月5日、ジュネーブ国際モーターショーにおいて、電動パワートレーン「e-POWER」を搭載したクロスオーバーコンセプト「IMQ」を世界初公開した。 03/11 09:13

N-BOX(画像: 本田技研工業の発表資料より)

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が6日に発表した2月の車名別新車販売台速報によると、ホンダのN-BOXが18カ月連続の首位となったのを始め、1位から4位を軽自動車が3か月連続で独占した。 03/07 20:05

ホンダN-BOX(画像: 本田自動車の発表資料より)

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が6日に発表した1月の車名別新車販売台数によると、ホンダの軽トールワゴン「N-BOX」が17カ月連続トップになった他、4位までを軽自動車勢が独占。 02/06 21:57

N-BOX(画像: 本田技研工業の発表資料より)

全国軽自動車協会連合会と自動車販売協会連合会は10日、2018年12月度新車販売速報を発表。 01/11 14:16

三菱「エクリプス クロス」(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)

三菱自動車工業は14日、同社のクロスオーバーSUV「エクリプス クロス」が、2019年次「RJC カーオブザイヤー」を受賞したことを発表した。 11/15 20:05

 1 2 3 4  次へ進む

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告