社長の輩出率、4年連続首位の都道府県は

2018年9月12日 11:50

小

中

大

印刷

 東京商工リサーチは10日、2017年の「全国社長の輩出率、地元率」の調査結果を発表した。社長の輩出率では、徳島県が4年連続で1位に、地元率では沖縄県が8年連続で1位となった。輩出率の上位には人口減少率の高い都道府県が並び、輩出率の高さを必ずしも前向きには受け取れない結果となった。

【こちらも】社長の出身大学、日大が最多で2万1148人 帝国データバンク調査

 東京商工リサーチの同調査は、同社が持つ、個人事業主を含む約480万社の代表者データから、公開された出身地を抽出し集計したもの。社長「輩出率」は、出身都道府県別の社長数と各都道府県の人口を対比し、算出した。結果、堅実・実利を尊ぶ県民性のほか、ブロードバンド環境の整備が貢献し、徳島県が4年連続1位を獲得。一方、同県の人口は暫く減少が続いており、同社は「人口動態が社長『輩出率』首位の結果に影響している可能性もある」と分析。

 「輩出率」は、2位に山形県、3位に香川県、4位に秋田県、5位に愛媛県がそれぞれランクイン。いずれも人口減少率が全国平均を上回る都道府県。一方、同ランキングの下位には、47位に埼玉県、46位に千葉県、45位に神奈川県と、首都圏のベッドタウンが並んだ。これら3県とも人口は増加しており、やはり、人口動態(県内人口)の影響は否定できない。

 社長「地元率」は、地元出身者が地元企業の社長を務める比率。同調査が始まった2010年以来、8年連続で沖縄県が圧倒的な数字で首位を維持。沖縄は、地理的条件(離島)に加え、産業が公共投資・観光・基地に依存しており、他県からの企業進出が少ない。一方、近年は好調なインバウンドの影響で観光関連を中心に景気が良く、開業率が高まっている。同社による別の調査によれば、新設法人数を普通法人数で割った「新設法人率」が、沖縄県は8.7%でトップだった。

 「地元率」は、2位に愛知県、3位に北海道、4位に広島県が続いた。愛知や広島は、自動車産業など裾野の広い製造業が発展しており、下請けの中小企業など同族社長が多い。北海道の場合、地理的条件と産業構造のいずれも沖縄に近いと言える。(dailyst)

関連キーワード公共投資北海道秋田県山形県千葉県神奈川県埼玉県愛知県広島県香川県徳島県愛媛県沖縄県東京商工リサーチ中小企業

「経済指標・統計」の写真ニュース

経済の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_economy

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース