1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業・産業
  4.  > IT・情報通信業
  5.  > 東京商工リサーチ(1)

東京商工リサーチのニュース一覧

東京商工リサーチの調査によると、同業他社などとの競争激化を背景に小規模な美容室の倒産が増えており、過去最多件数を更新しそうな勢いとなっていることが分かった。 11/12 08:18

東京商工リサーチが2018年度における百貨店の業績調査を発表し、純利益が大きく増加した一方で減収幅も拡大したことも明らかとなり、ビジネスモデルとして限界の可能性を指摘している。 11/05 09:22

近年、中小企業における事業承継の手法としてM&Aが増加している。 11/04 18:25

東京商工リサーチの発表によると、街中にあるような小規模なメガネ・時計店の倒産や廃業などが増えており、今後もさらに厳しい状況に陥ると見込みであることが分かった。 10/30 07:36

東京商工リサーチが喫茶店の倒産状況を調査。人手不足が深刻化する中、大手やコンビニとの顧客争奪戦が激化、小規模な喫茶店の脱落が目立つようになり、倒産件数は8カ月間で42件と急増。

喫茶店と言えばかつては個人経営店舗が主流で全国どこでも駅前にはそうした喫茶店が数店舗は存在していた。 10/29 09:24

東京商工リサーチによると、社名に「令和」を含む企業は全国46都道府県に存在し、その数は431社で、うち334社が4月1日以降に新設された法人で、97社が同じく4月1日以降に社名変更を行った企業だという。 10/21 17:23

東京商工リサーチと帝国データバンクが人手不足に関連する倒産について発表し、人手不足を原因とした倒産件数が過去最高のペースとなっていることが分かった。 10/11 13:26

混乱が続いている香港。実態経済にも徐々に影響。東京商工リサーチが日系企業の香港進出状況を調査。日系企業数は1688社、2288拠点。卸売業の1308拠点、構成比57.1%が最多。日系企業にも影響か。

香港の混乱が長期化している。 10/08 09:25

東京商工リサーチの発表によると、昔ながらの小規模な喫茶店の倒産が増えており、労働集約型のビジネスモデルに加えて、10月からの消費税増税により、喫茶店にとってはさらに厳しい状況となりそうなことが分かった。 09/16 08:47

東京商工リサーチが全国8万3,978社の無借金企業について調査し、医療機関を中心にサービス業や金融・保険業、情報通信業など第3次産業で無借金企業が多い傾向にあることが分かった。 09/14 09:53

東京商工リサーチが8月の全国企業倒産状況を発表し、負債額100億円を超える大型倒産がなかったことなどもあり、倒産件数、負債総額ともに前年実績を下回ったことが分かった。 09/10 09:06

東京商工リサーチによると、今年上半期の介護事業者の倒産件数は55件。 09/02 11:43

東京商工リサーチが「2019年 企業のメインバンク」調査。三菱UFJ銀行をメインバンクとする企業が12.5万社でトップ。2位三井住友、3位みずほ。地方では地元地方銀行が圧倒的。業界再編加速。

銀行業界では既にメガバンクのリストラ、地域銀行の統合再編の動きが加速している。 08/23 09:13

東京商工リサーチが上場ゼネコン57社の2019年3月期業績動向を調査。57社の売上高は12.8兆円、前年比6.0%増で最高水準。五輪、大型再開発が寄与。人件費・建材費高騰で減益、利益はピークアウト。

日本経済は先行き不透明な指標も見られるものの今のところ堅調に回復傾向で推移している。 08/20 12:36

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告