1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 東京商工リサーチ(1)

東京商工リサーチのニュース一覧

東京商工リサーチが銀行の「リスク管理債権状況」調査。2019年3月期の不良債権、「リスク管理債権」は6.4兆億円、0.2%減少。リスク管理債権比率は1.20%、改善傾向。「貸倒引当金」は2.8倍増加。

地方銀行は人口減少や企業の資金需要の減少等によって貸出先を減少させている。 06/26 07:35

東京商工リサーチが1-5月累計の「チャイナリスク」関連倒産を調査。1-5月累計は前年同期比4割減、負債総額は増加で倒産の大規模化が目立つ。中国の規制変更の影響が国内企業にも広がるリスクが増大。

中国は日・米・ヨーロッパ先進国のようなグローバル化のプラットフォームが未整備であるため様々なカントリーリスクが指摘されてきた。 06/14 08:21

東京商工リサーチは7日、国内111銀行による2019年3月期決算を分析した「リスク管理債権状況」調査の結果を発表した。 06/08 19:18

上場企業の平均年間給与の推移。(画像 :東京商工リサーチの発表資料より)

東京商工リサーチの発表によると、上場企業の平均年間給与は606万2,000円と7年連続で上昇し、平均給与が低い業界の小売業やサービス業絵も上昇が続いていることが分かった。 05/28 12:21

米中貿易摩擦が激しさを増している中、東京商工リサーチが「日系企業の中国進出状況」を調査。中国進出の企業は1891社、4380拠点を展開。産業別には製造業が半数。業種別には耐久消費財の卸売が最多。

世界的に株安の傾向が進んでいる。 05/16 08:51

東京商工リサーチの発表によると、4月の倒産件数が3カ月連続で前年同月比マイナスとなった一方、2カ月ぶりに負債総額が増加し1,000億円を越えたことが分かった。 05/15 12:20

2019年に入り5月初旬までに社員に対し希望・早期退職者を募った上場企業は16社にのぼることが14日、民間の調査機関、東京商工リサーチ(東京都千代田区)の調査でわかった。 05/14 19:52

東京商工リサーチと帝国データバンクが平成期の企業倒産について発表し、平成期に入って大型倒産企業の負債額が兆の桁を越えて大きく増加したことが分かった。 04/28 21:47

東京商工リサーチの調査によると、上場企業の役員全体に占める女性役員の比率は4.2%で、小売業やサービス業などで女性役員の比率が高めだったことが分かった。 04/25 08:16

30年間続いた平成が終わりを告げ「令和」の足音がそこまで聞こえてきている2019年4月、戦後最長の景気拡大・回復と勇ましい掛け声がそこかしこから聞こえてきます。 04/19 20:03

東京商工リサーチが社名に「令和」を冠した企業調査結果を発表。社名に「令和」を冠した企業はゼロ。「れいわ」「レイワ」は合計6社。今後数年間で「令和」企業が加速度的に増加する可能性が高い。

4月1日、新元号の発表直後からオーストラリア西部のパースにある西オーストラリア不動産協会のホームページにアクセスが殺到した。 04/17 09:19

東京商工リサーチが2018年度における全国の企業倒産状況を発表し、倒産件数が10年連続で前年度比マイナスとなったことが分かった。 04/09 12:49

東京商工リサーチの調査によると、2018年度は人手不足関連の倒産件数が過去最高になるとともに、そのうち人手の確保が困難なことによる倒産件数が大きく増加したことが分かった。 04/07 16:47

(c) 123rf

東京商工リサーチが主要百貨店の2018年業績調査の結果を発表し、百貨店業界全体として黒字に浮上したものの、地場独立系の百貨店を中心に厳しい状況が続いていることが分かった。 03/27 14:07

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告

写真で見るニュース

  • DS 3 CROSSBACK。(画像:プジョー・シトロエン・ジャポン発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • イオンスタイル岡山青江のオープンイメージ(イオンリテール発表資料より)
  • 現在発見されている直径1,000km以上の太陽系外縁天体とその衛星。(画像:東京工業大学発表資料より)
  • チーズロコモコバーガー。(画像:日本マクドナルド発表資料より)
  • かねさ減塩味噌仕立ての焼おにぎり。(画像:ローソン発表資料より)
  • スズキ「アルト ラパン X」(画像: スズキの発表資料より)
  • 和民などに導入される竹素材を使ったストロー(写真:和民の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告