ホーム > ニュース一覧 > 経済 > 公共投資(1)

公共投資のニュース

相場展望10月14日 衆議院選挙イベントは、不透明感浮上 世界経済成長下方修正、米国・中国が鈍化牽引

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)10/11、NYダウ▲250ドル安、34,496ドル(日経新聞より抜粋) ・原油など商品相場の上昇を背景に、長期金利の先高観は根強く、持ち高調整の売りが膨らんだ。
10/14 08:36

コマツ、コロナによる需要減に加えて為替のマイナス影響を受け2Qは減収減益で着地

新型コロナウイルスに関する影響について① 小川啓之氏:CEOの小川です。
10/30 16:32

相場展望9月30日号 大統領選までは調整し、結果判明で年末まで株高 割安感と成長期待の芽を感じ、日本株投資

■I.米国株式市場 ●1.米株式市況の推移  1)9/28、NYダウは+410ドル高の27,584ドル ・米追加経済対策への期待で景気敏感株に買いが入った。
09/30 07:56

企業売上高はリーマンショック前水準に戻らずも利益は上回る 東京商工リサーチ調査

東京商工リサーチは13日、リーマンショック後の国内企業の業績に関する調査結果を発表。
09/14 12:01

社長の輩出率、4年連続首位の都道府県は

東京商工リサーチは10日、2017年の「全国社長の輩出率、地元率」の調査結果を発表した。
09/12 11:50

【今週の振り返り】年度末には世紀末が待っていた353円安の週

27日の日経平均は3営業日ぶりの大幅反落。前週末24日のヨーロッパ市場はドイツはプラス、英仏はマイナス。
04/02 21:16

12月の景気DI、前月比1.3 ポイント増の45.4で4カ月連続で改善

帝国データバンクは2016年12月の景気動向の調査結果を発表した。
01/16 08:48

4-6月期のGDP改定値、年率0.7%増に上方修正

内閣府が8日発表した4-6月期の国内総生産(GDP)改定値は、実質で前期比0.2%増で、速報値から0.2ポイントの上方修正、年率換算は0.7%増で、速報値から0.5ポイントの上方修正だった。
09/08 14:40

8月の景気判断は据え置き――内閣府

内閣府は8月の月例経済報告を公表、景気全体について「このところ弱さもみられるが、緩やかな回復基調が続いている」という判断を据え置いた。
08/26 13:20