ホーム > ニュース一覧 > マーケット・センサー(3)

マーケット・センサーのニュース(ページ 3)

相場反転の強力サポーターに浮上するか?業績再上方修正の有資格銘柄を徹底マーク=浅妻昭治

<マーケットセンサー> 今週の取り敢えずのキー銘柄は、東京製鐵 <5423> とフジミインコーポレーテッド <5384> の2銘柄となるはずだ。
10/20 10:24

下げた株ほど良く戻る「リターン・リバーサル」の投資セオリー銘柄に敢えて再生可能エネ関連株をターゲット=浅妻昭治

何とも皮肉なものだ。安倍晋三首相が、「地方創生国会」と意気込んだ臨時国会が召集された途端に株価暴落である。
10/06 10:22

外国人観光客向け免税ビジネス株は「地方創生」関連の露払い役として国内投資家も「おもてなし」高=浅妻昭治

きょう29日に召集された臨時国会での安倍改造内閣の重点政策といえば、所信表明演説で強調するとすでに伝えられている「女性が輝く社会実現」と「地方創生」である。
09/29 11:25

「買いたい弱気」とバランスを取り日経225構成の好配当・低PBR株に超短期限定対応も一法=浅妻昭治

もしかして、こういう投資家心理を「買いたい弱気」というのかもしれない。日経平均株価は、リーマン・ショック後の昨年12月の高値1万6320円を更新する急騰を演じ、為替相場も、1ドル=109円台と6年ぶりの円安水準となった。
09/24 10:01

「一度あったことは2度繰り返すか?」、2Q業績上方修正銘柄の3月通期業績動向が秋相場の注目ポイント=浅妻昭治

「白猫であれ黒猫でもあれ、鼠を捕る猫がよい猫」を口癖としたのは、かつての中国のカリスマ指導者、鄧小平である。
09/08 11:01

逆行高DNAがなお色濃く残る旧大証単独上場銘柄に9月相場序盤のダッシュ力を期待=浅妻昭治

9月相場である。兜町にとっては、通常なら投資マインドが、ポジティブに改まる下半期の新年度相場入りとなる。しかし、8月後半の変調・ぬかるみ相場が、期待通りに捲土重来、ベースが固まって方向感が定まるかといえば、はなはだ心許ない。
09/01 10:23

大規模土砂災害の発生で「アベノミクス」の国土強靭化計画の真価が問われ株価材料に浮上=浅妻昭治

気象庁が、今年の夏に「エルニーニョ現象」が5年ぶりに発生すると予報したのは、今年4月のことであった。北日本を中心に気温が平年を下回る冷夏が懸念され、前回、エルニューニョ現象が発生した2009年に起こった九州北部豪雨による大規模災害の再来の不安も高まった。
08/25 15:40

「森」を見て銘柄選択をすれば幅広く林業関連株ルネッサンスを先取り余地=浅妻昭治

相場の分岐点、膠着相場下では、投資銘柄を選択するうえで「森」を見るか「木」を見るか、強気派と弱気派が論争をすることがある。
08/04 09:53

敢えて高配当利回りJQ株でインカム・ゲイン狙い、これならFRBもお咎めなしか?!=浅妻昭治

いまとなっては、イエレンFRB(米連邦準備制度理事会)議長の7月15日の議会証言を素直に聞いて置くのだったと悔やんでいる投資家も少なくないはずだ。
07/22 15:14

2014年夏型の業績相場は二の矢、三の矢が続く走力重視のカウンターアタック展開=浅妻昭治

これも確かに業績相場なのだろう。上値が重くなった相場環境下で、株価が急騰する銘柄が続出し、それが業績の上方修正を材料にしていたからだ。
07/14 12:10

「金曜日の後場高」後の相場分岐点では高ボラティリティのJQG銘柄に的を絞って遅乗り・遅抜け投資=浅妻昭治

6月相場である。その6月相場は、またまた「二日新甫」で要警戒などとアドバイスしたら、読者の皆さんから心配のし過ぎと笑われそうだ。
06/16 09:53

富岡製糸場の世界文化遺産登録、富士山山開き接近とスケジュール目白押しの外国人観光客関連株に待ち伏せ買い妙味=浅妻昭治

昔も昔、2度の石油危機に挟まれた遠い、遠い40年もの過去の古色蒼然とした話である。もちろん株価は、原油価格の急騰と石油供給の途絶を懸念するショック安に見舞われていたが、ここからの立ち直りをサーポートしたのが、オイルダラーの日本市場への流入であった。
06/09 12:45

「二日新甫」の6月相場は2月相場型展開を期待して富士通グループ株に再出番=浅妻昭治

6月相場である。その6月相場は、またまた「二日新甫」で要警戒などとアドバイスしたら、読者の皆さんから心配のし過ぎと笑われそうだ。
06/02 12:07

「エルニーニョ現象」の逆風を追い風とウラ読みすると激甚災害関連株に先回り買い妙味=浅妻昭治

またまた逆風が吹きそうである。折角、日経平均株価が、前週末に2日連続で大幅に上昇して25日移動平均線を上回り、下値不安が和らぐと投資家マインドが好転したのに、「好事、摩多し」というところだ。
05/26 15:23

直近東証1部市場変更株は決算発表を先取りして「1部半銘柄」的な個別業績相場発進を期待=浅妻昭治

寿スピリッツ<2222>(東1)、AGS<3648>(東1)、東洋ビジネスエンジニアリング<東洋BENG、4828>(東1)と並べて、この3銘柄にはいくつかの共通点があるのだが、お分かりになるだろうか?いずれも3月期決算会社で、この大型連休の谷間に年初来高値を更新した銘柄である。
05/07 10:38

「閑散に売りなし」か「Sell in May」か5月相場の方向性を「糸」と「山」とでトライアル=浅妻昭治

兜町の相場格言は、「閑散に売りなし」と陰の極で鳴く閑古鳥を吉兆と教え、ウオール・ストリートの相場格言は「Sell in May and Go Away(5月に売り逃げろ)」と警戒信号を発している。
04/30 06:23

【菜々美のマーケットにつぶやき】金融界はフローよりストックのニーズも

ロボットが将棋でプロをやりこめる時代となっています。介護ロボットも登場しています。福島の原発処理では人の近づけないところで作業ロボットが実力を発揮しています。
04/17 07:21

消費税増税本番の決算発表で増税メリット株に現実買いの第2幕目を期待=浅妻昭治

新年度入りした4月相場の最大の相場イベントといえば、もちろん3月期決算会社の決算発表である。4月中旬以降に本格化する決算発表に先立って・・・。
04/07 16:02

サバイバー株や再上場株から「第2の吉野家・チムニー」にアプローチ=浅妻昭治

小林旭のヒット曲『昔の名前で出ています』ではないが、株式市場ではこのところかつて栄華を誇ったブランド株のサバイバー(失地回復)人気や、再上場株の高人気が目立っている。
03/10 13:38

「桜はまだかいな」の材料株のローテーション相場で激甚災害関連株にはまだまだ出番=浅妻昭治

「やっぱり」というのが偽らざる感想である。浅香工業<5962>(東2)の今年2月末の2週間の値動きについてである。
03/03 09:46

「バーチャル株」でも「リアル株」でもブライダル関連株はIPO株人気再燃に向け先取り妙味=浅妻昭治

新規株式公開(IPO)株の周辺が、またまた風雲急である。今年のIPO市場は、2月13日にアキュセラ<4589>(東マ)が、昨年12月24日以来、約2カ月ぶりにIPOされ、公開価格比27%高で初値をつけ・・・。
02/24 09:36

業績上方修正と並んで自己株式取得に限定された個別物色相場で第2の味の素、ゼニス羽田を選別=浅妻昭治

3月期決算会社の第3四半期(4~12月期、3Q)業績の発表が、ほぼ一巡した。新興国通貨の下落や米国景気の先行き懸念で全般相場が波乱展開するなかで進行し、3Q決算発表とともに本格スタートすると期待された業績相場は空振りに終わった。
02/17 10:45

「親亀コケても子亀は一人立ち」の親子上場株にグループ再編の投資妙味=浅妻昭治

「ああ、やっぱり」というのが、偽らざる感想であった。ソニー<6758>(東1)が、今年2月6日に発表した今3月期業績の下方修正、純利益の赤字転落である。同社の業績下方修正自体は、今期も、前期に続く四半期決算発表のたびごとの3回目の下方修正で、慣れっこになっていた。
02/10 11:06

IPO再開接近で直近IPO銘柄から「家貧しくして孝子出ず」の「孝子」銘柄をセレクト=浅妻昭治

年齢は30歳、才色兼備の女性研究者が、ドえらいことをやってくれた。理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーによる「STAP細胞」の作製である。
02/03 11:16

安倍首相流の材料株の「好循環相場」が本格化するなら外国人旅行客関連株にも出番を期待=浅妻昭治

安倍晋三首相が、開会した通常国会で「好循環実現国会」と施政方針演説したその1月24日に、日経平均株価は、304円安と続急落した。
01/27 11:15

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8  次へ進む