1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 経済
  4.  > 有効求人倍率(4)

有効求人倍率のニュース(ページ 4)一覧

より良い人材を採用するために、2016年4月以降で新たに取り組み始めたことがあるかどうかを尋ねたところ、「何もしていない」と回答した企業は 26.2%にとどまり、72.2%の企業が何らかの取り組みを実施していることがわかった(未回答 1.6%)

3月1日に、2018 年卒業予定者の新卒採用活動が解禁され、大手企業を中心に各社のエントリー受付や採用活動のための企業説明会開催がスタートした。 04/24 07:42

4月12日、食品スーパー業界主要各社の2017年2月期本決算がほぼ出揃った。 04/17 07:40

権利確定イベントの欲得にトランプ・ラリー突然終了による不安。そして企業や投資家の数々の思惑を乗せ、年度末は不完全燃焼のまま、過ぎていく?

今週、3月第5週(27~31日)は5日間の取引。28日は3月期決算銘柄の「権利付き最終売買日」、29日は「配当権利落ち日」がセットの権利確定イベント。 03/26 18:13

2016年12月の有効求人倍率は1.43倍と、1991年7月以来25年5カ月ぶりの高水準となり、人手不足が深刻化している。 03/21 08:47

管理職などの経験があり、仕事への情熱を持っている中高年が「第四新卒」として注目されている。これまで年齢が上がるほど就職や転職が不利になってきたが、そうした風潮も薄れつつある。

これまで、年齢が上がれば上がるほど就職や転職が困難だと言われてきたが、その風潮も変わりつつある。 03/12 23:10

全国の警察本部で警察官採用試験の受験資格としていた体格基準や年齢制限を緩和している。背景には警察の人材確保の難しさがある。

有効求人倍率が過去最高となり、団塊世代の大量退職も相まって、企業の人手不足が報じられている。 03/05 18:42

1月の有効求人倍率が1.43倍になるのは、91年1月に同じく1.43倍を記録して以来26年ぶりのこと。

厚生労働省が3日に発表した今年1月の有効求人倍率(季節調整値)は前月比横ばいの1.43倍で、昨年12月に続きバブル期並みの高い値となった。 03/04 21:50

大統領が減税や財政出動を強調すれば、ドル高円安の、天国の門が開かれる。対日貿易赤字や通貨政策を口にされると、ドル安円高の、地獄が待っている。

今週、2月第5週(27~28日)、3月第1週(1~3日)は5日間の取引。 02/26 21:13

人口減少と産業構造の変化にともない働き手の奪い合いが生じているなか、アベノミクスの成長戦略を進めていくうえで人手不足が大きなネックとなっている。 02/24 09:31

塩崎恭久厚生労働大臣は31日の記者会見で昨年1年間の有効求人倍率が1.36倍となったと語るとともに「雇用情勢は今後も改善することを期待しているが、引き続き、雇用の質の改善をしっかり実現していかなければならないと思っている」と質の改善にも言及した。 02/02 09:06

有効求人倍率は7年連続での上昇となった。

厚生労働省が31日に発表した「一般職業紹介状況(平成28年12月分及び平成28年分)」によると、2016年の有効求人倍率(「月間有効求人数」を「月間有効求職者数」で割った値)の平均は1.36倍となり、15年の1.20倍から0.16ポイント上昇。 01/31 22:21

警察庁と厚生労働省によると2016年の全国の自殺者数は2万1764人で、6年連続で減少。ピークであった03年の3万4427と比較すると大幅に減少しているものの、自殺率は諸外国と比較すると依然として高い。

警察庁と厚生労働省によると2016年の全国の自殺者数は15年と比べて2261人減少し、2万1764人であった。 01/31 08:42

「収入の少なさ」「仕事の忙しさ」「職場の人間関係」などを理由に転職する人が多い介護職。しかし今回の調査では半数以上の人が「今の職場で引き続き働きたい」と答えており、モチベーションを持って頑張っている職員も多いことも分かっている。

介護業界の人手不足が叫ばれて久しい。 01/22 19:00

2016年11月度の有効求人倍率は1.41倍で25年4ヶ月ぶりの高水準を記録した。雇用が改善される一方で人手不足に悩む業種も。

厚生労働省が先月27日に発表した2016年11月度の有効求人倍率は1.41倍で、前月比0.01%上昇、3ヶ月連続で改善しており、25年4ヶ月ぶりの高水準となった。 01/19 12:00

前へ戻る   1 2 3 4 5  次へ進む

広告

広告