1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 政治・社会
  4.  > 社会
  5.  > 働き方(1)

働き方のニュース一覧

働き方が多様化している今、数年前に比べて副業可能の会社が増加している。 04/02 11:45

2018年に成立した「働き方改革関連法」が、4月1日から順次施行される。 03/30 15:08

帝国データバンクは14日、2019年度の雇用動向に関する企業の意識調査の結果を発表した。 03/17 15:14

「就職した会社を定年まで勤めあげる―」そんなワークモデルは、もはや過去の遺物と化しつつある。 03/13 21:00

来春卒業する学生らが対象となる企業の採用説明会が3月1日解禁され、人手不足を背景に学生優位の売り手市場が続いている。 03/11 10:49

近年、多様な働き方が推進されている。 03/08 11:55

職場環境の変化で印象強い事柄はインターネットの普及と禁煙
写真:アデコ発表資料より

アデコは6日、平成元年(1989年)に新卒入社した千人を対象に行った「平成時代に関する調査」の結果を発表した。 03/08 09:29

ワークポートが外国人社員との働き方に関するアンケート調査を実施。外国人社員が社風や文化に順応していると答えたのは70.9%であり、58.0%は外国人社員の受け入れが拡大することによって働き方が変わると予想。

日本で生活していても外国人の姿を見かける機会は少なくない。 03/01 12:42

仕事とプライベート、どちらを優先?(画像:アデコ発表資料より)

アデコは20日、平成元年(1989年)に新卒社会人となった1,000人(男性524人、女性476人、以下「平成元年新卒組」)と平成30年(2018年)に新卒で社会人となった1,000人(男性443人、女性557人、以下「平成30年新卒組」)を対象に行った仕事観に関する調査の結果を発表した。 02/21 15:17

現在のアルバイト人材の過不足感について(マイナビ発表資料より引用)

マイナビは12日、「アルバイト採用活動に関する調査」を発表した。 02/13 11:53

ソフトブレーン・フィールドが「配偶者控除150万円」に関し実態調査。制度の認知度は61%。「年収103万円以内で調整」が51%で最多。「150万円以内」は1.7%のみ。社保制度の改革無ければ効果無し。

昨年1月から配偶者控除の年収要件が103万円から150万円まで拡大された。 01/31 09:33

「65歳以降の働き方に関するアンケート」の調査結果。(画像: パソナグループ発表資料より)

パソナグループ(東京都千代田区)は22日、定年退職者の雇用を目的とした「エルダーシャイン」制度を4月1日より開始すると発表した。 01/24 12:51

アフラック生命保険がキャンサー・ソリューションズと共同で「がんと就労に関する意識調査」を実施した。がん患者と周囲との考え方には大きな差があり、病気でも働きやすい職場環境が求められる。

成人した日本人の多くは自ら働く事を望んでいる。 01/21 09:35

安倍晋三総理は「10代、20代での進学や就職判断が人生のほとんどを決めてしまう慣行は是正する必要がある」として「人生100年時代を見据え、全ての人が元気に活躍し続けられるよう、キャリアの複線化によって人生二毛作、三毛作を可能な社会を実現する」との考えを示した。 12/26 09:47

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告